FC2ブログ

東北旅行

 9月14日(土)から16日(月)にかけて高校時代の友人と宮城県と山形県を旅行してきました。

■9月14日(土)

20190914 (4)20190914 (1)
(左)仙台城(青葉城)址から見た仙台の街並み (右)七ヶ浜町にある鼻節神社

 友人と東京駅に集合しやまびこ号で仙台へ。仙台でレンタカーを借りてまず伊達氏が創建した仙台城を巡り、その後、車で七ヶ浜町へ足を伸ばし漫画『かんなぎ』の舞台の一つとされる鼻節神社を参拝しました。

20190914 (2)20190914 (3)
(左)赤間精肉店さんの牛タン定食 (右)瑞巌寺五大堂から見た松島の海

 続いて私自身は研究室の夏ゼミ合宿以来5年ぶりとなる松島へ。ちょうどお昼時だったので駅前のお店で牛タンを食し、桟橋から松島湾内を巡る観光船に乗船しました。生憎の曇り模様でしたが、海から松島を眺めたことはなかったので風光明媚な松島を違う視点から楽しむ良い機会になったと思います。

 島巡りを終え、今夜の宿がある鳴子温泉へ。温泉や食事等のサービスも含めて満足度の高い宿でしたね。

■9月15日(日)

 2日目は宮城県から山形県方面へ。年に一度の大イベント、日本一の芋煮会フェスティバルが開催されることを知っていたのですが、朝から会場入りする必要がありそうだったので泣く泣く立ち寄りを断念。宿に程近い鳴子ダムに立ち寄りながら、当初の目的地であった月山へ向かいました。

20190914 (5)20190914 (7)
(左)日本初のアーチ式コンクリ-トダムである鳴子ダムの堤体。2016年度には土木学会選奨土木遺産に認定されています。
(右)弥陀ヶ原から月山八合目へ向かう登山道から見た山々。雲が近くまるで空の上を歩いているかのようでした。


 鳴子ダムも月山自体も宿がある蔵王へ向かう途中でついでに立ち寄れたら程度に考えていたのですが、どちらのスポットも思っていた以上に楽しめたのでとても満足でした。

20190914 (9)20190914 (8)
(左)刈田岳山頂から見た蔵王ハイライン。まるで『君の名は。』のワンシーンを見ているようでした。
(右)蔵王連峰の五色沼(御釜)方面を望む


 月山を下山し、霞城公園(山形城址)を散策してから宿のある蔵王温泉へ向かいました。折角の機会なので夕暮れ間近の五色沼(御釜)を見ようと立ち寄ってみたのですが、辺り一面に雲海が広がりただひたすら感動するばかりでした。恥ずかしながら雲海を目にするのは初めてで、ついで程度で訪れた割にはかなりラッキーだったと思っています。

■9月16日(月)

20190914 (10)
▲帰りの新幹線の中で食べた「三味牛肉どまん中」

 この日は朝から雨模様で、元々は昼過ぎには帰ろうとしていたため朝食後レンタカーを返却しに山形へ向かいました。
 11時台の臨時つばさで山形を後にし、14時過ぎに東京へ到着。ここで各自解散となりました。

 2週連続の連休の始まりとあってかなりの混雑を予想していましたが、それ程混み合うこともなく天気も何とかもってくれたので良かったですね。またこのような旅行ができればと思っています。そして、毎度毎度企画した旅行に付き合ってくれる友人には感謝の一言。

 ではでは。
関連記事
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://anosaka.blog.fc2.com/tb.php/752-ed03bac5

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

あの坂

Author:あの坂
神奈川県在住

いわゆるチラシの裏

金沢八景駅周辺の開発ネタについては、左側カテゴリー「金沢八景駅東口のいま」へ

→その他詳細はこちらをご覧ください。

カテゴリー(▼クリックで子カテゴリーを表示)

月別アーカイブ

 

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

FC2カウンター(2011/08/17設置)

検索フォーム

全記事表示リンク

QRコード

QR