瀬戸内卒業旅行 ~3日目~

■3日目(竹原周辺散策)

20160309 (13)
▲大広苑エントランス前で記念撮影

この日はホテルにバイクを置いてたまゆらゆかりの地を歩くことに。
今春を以って長らく続いた学生生活を終える身として、是非とも楓達が辿った軌跡を追体験したかったんです(^^;

午前10時出発、とりあえず町並み保存地区を散策することにしました。

20160309 (2)

旧笠井邸が開いていたので見学。
平日のため人通りは少なく、落ち着いた竹原の町並みを写真に収めることができました。
三月ということでたくさんの雛人形が展示されていましたが、中には江戸時代に製作されたものもあり興味深く見させていただきました。

20160309 (1)

お抱え地蔵へお参りして西方寺へ。
左側の建物が昨年春の火災で失われてしまってから初めての訪問となりました。

こうして見ると他の建物への延焼を最小限に留められたのは不幸中の幸いと言えるかもしれませんが、日常風景・歴史的な財産を守り抜いていくことの難しさ、そして何より延焼火災の恐ろしさを改めて感じさせられました。

20160309 (15)

普明閣から見た竹原の町並み。
ここから見た朝日山方向の景色が竹原で一番好きな景色です^^
屋根の高さが揃っていること、近・中景部に鐘楼と瓦屋根の町並み、遠景部に朝日山というアクセントがあることで景観的にも優れた景色であると思っています。

20160309 (3)
▲昨年10月に誕生したほぼろ焼きREVOLUTION

お腹が空いてきたのでほり川さんでお好み焼きを食べていくことに。
ほぼろ焼き自体は初めてということになりますが、チキンライスと肉団子が良いアクセントになっていました。
久しぶりに食べたお好み焼きにも大満足。美味しかったです!

20160309 (6)
▲ほり川&儀武35周年記念スペシャルコラボCD

儀武さんの罠に引っかかりまんまと購入。
帰宅してから読み込んでみたらちゃんとアルバム情報が登録されていて笑いました(笑)

20160309 (5)

ほり川さんでの昼食を終え、12時台の上り電車に乗るため竹原駅へ。
行きは素通りするだけでしたが、作品が完結した今でもたまゆら関係の歌や音楽が流れるあいふるさんを通ると、たまゆらという作品がいかに愛されているかということを実感しますね。
※帰りがてら翌日からお世話になる友人達へのお土産(和菓子)を購入させていただきました。

20160309 (4)

ももねこ様も桃の節句仕様に(^^;

20160309 (7)

呉線で忠海へ。
大久野島へのフェリーが14時までないということで黒滝山第一休憩所さくら堂へ足を運んでみました。
ここも楓を介してちひろと竹原組が心を通わせた作品的に重要な場所ですよね。

20160309 (14)

忠海港でうさぎの餌を購入し大久野島へ。
15分という短い船旅ですが、久々のフェリーにテンションが上がりました(^^;

20160309 (8)

島に到着するといきなりうさぎがわんさか。
写真のような廃墟(発電所跡)をはじめ島中に野生のうさぎが700羽以上生息しているとのことで、あらゆる場所で餌をせがまれました(笑)

20160309 (10)
▲かわえ…かわえ…

うさぎはかなり骨が弱い動物と聞いていたので自分から触りに行くことはしませんでしたが、屈むとうさぎ達がどんどん膝に乗りかかってるのが可愛かったです(笑)
そんなうさぎ達も餌を貰うとそそくさと去っていくのは奈良公園の鹿と同じですね(^^;

正直野郎一人でうさぎと戯れに行くのはどうなのかと思っていた節もありましたが予想以上に楽しめました。
むしろ一人の方が機嫌取りに悩まされずに気兼ねなくうさぎ達と触れ合えるので楽しいのでは?と思う部分も(失敬)

20160309 (16)20160309 (17)
(左)中国電力大三島支線の鉄塔(高さ226m) (右)芸予要塞時代の固定桟橋跡

ちなみに、日本一高い送電用鉄塔や軍事遺産等、その手のマニアには堪らないものも数多く存在するのでうさぎに興味のない方にもオススメです^^

【参考】
塔マップ/中国電力大三島支線
http://tower.30maps.com/map/4686


20160309 (9)
▲ドヤ顔の楓が可愛い^^

16時台のフェリーで忠海へ戻り、呉線で竹原駅へ。
道の駅たけはらに立ち寄ってみました。
親へのお土産に竹鶴を購入^^

20160309 (12)

夕刻の普明閣にて。
将来の夢が決まり生き生きとしたかおたんの顔を思い出しますね。

20160309 (18)

この後再びほり川さんへ。
一人生中を飲みながらお好み焼きを食し、ホテルへ向かいました。

■瀬戸内卒業旅行記一覧

・(2017/03/07)1日目 地元→岐阜羽島
・(2017/03/08)2日目 岐阜羽島→竹原
・(2017/03/09)3日目 竹原周辺散策
・(2017/03/10)4日目 竹原→道後
・(2017/03/11)5日目 道後→観音寺
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://anosaka.blog.fc2.com/tb.php/652-cfd1c6cc

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

あの坂

Author:あの坂
神奈川県在住

いわゆるチラシの裏

→詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリー(▼クリックで子カテゴリーを表示)

月別アーカイブ

 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

FC2カウンター(2011/08/17設置)

検索フォーム

全記事表示リンク

QRコード

QR