『書を捨てよ、旅へ出よう』 第6回

※この記事はgooブログから移行・変換したものです。

blog_import_4e3fa7edef172.jpg

●『北陸・近畿・中国旅行記的なモノ』 ~大阪→御坊→尾道~ 行程3日目(2009/3/28)



大阪駅1番のりばから関空・紀州路快速関西空港/和歌山行電車に乗り和歌山へ向かう。

天王寺で多くの乗客が降り、ドア寄りの1人席を確保することが出来た。

この列車に使われる223系0番台(2500番台)の車内は空港利用目的の車両とあってか1+2列の座席配列となっていて、私が確保したこの席はシートの転換の関係でペットボトル等が置ける簡易テーブル付属の嬉しい席だったりする(笑)。
(関東にもこういう座席が欲しいのだが…)

隣の乗客との干渉を気にしなくていいので熟睡してしまったらしい。
いつのまにか和歌山の手前まで来ていた。

blog_import_4e3fa7ee724e4.jpg

これを見るとかつて京浜東北を走っていた205系を思い出す(あんまり記憶ないけど…)。
和歌山まで乗ってきた車両は(左)。

blog_import_4e3fa7ef34044.jpg

40N延命改造された113系リニューアル車(4両)に乗り換え御坊へ。

blog_import_4e3fa7efe24ce.jpg

これが40Nリニューアル車?(笑)

と思ったら中間車だけ超オンボロ初期車だったという罠。
趣味的には面白いと思う一方、片や真新しい転換クロスシート、片や1960年代製の骨董品セミクロスシートというのはいかがなものだろうか…。

因みに私が乗ったこの「モハ113-5027」は2009年現在、最も古い113系電車の車両で、元々は1964年に「モハ113-27」として大船電車区に新製配置されたものらしい。

また、オンボロといえば…↓

blog_import_4e3fa7f09b8d7.jpg
▲113系F405編成@紀伊田辺駅 2007.3.26

つい最近まで、JR最後の(113系)原型前照灯保持車であるこのF405編成もこの阪和線・紀勢本線で活躍していたのだが、この編成が2008年度を以って廃車となっているだけに、私が乗車したこの車両の動向も気になるところである。


オンボロ車に1時間程揺られて経由地御坊に到着。
念願だった紀州鉄道のキハ603に乗り込む。

1990年生まれの私にさえどこか懐かしさを感じさせるようなオンボ…失敬、レトロな気動車は僅か2.7kmの区間を駆け抜ける。

blog_import_4e3fa7f136ad0.jpg

乗っていて気になったのだが、運転台に違和感を感じた。
ブレーキとマスコンの位置が新幹線や電気機関車等の運転台の如く通常と逆なのである。
運転し辛くはないのだろうか?

とか思いつつ、気動車は終点西御坊に到着。

しばし御坊散策タイム。

blog_import_4e3fa7f1d4f77.jpg

こういう川を見ると幼い頃を思い出す。

家の近くの山でサワガニやヤゴを捕まえたこと。
京急の鉄橋ギリギリの川辺で友人と遊んだこと。

今の私がこんなことをしていたら不審者に成りかねない(笑)。

blog_import_4e3fa7f2737c2.jpg

恐らく鉄道の橋梁をそのまま利用したと思われる道路橋。
散策中に廃線跡をいくつも見つけたので、昔はこの橋も鉄道が通っていたのだろう。

歩き疲れたので若干早めに切り上げることにした。

blog_import_4e3fa7f313571.jpg

とことこと家々の間を駆け抜けるキハ603。
この車両も老い先長くはないらしい(追記:2009年11月を以って引退)。

再び御坊へ戻り、大阪へ。
大阪から新快速に乗り姫路へと向かう。

姫路からは広島行電車に乗り換え直接尾道まで行こうと思ったのだが、予想以上に混んでいたので岡山で一度降り、後続の始発電車で尾道へと向かった。

blog_import_4e3fa7f38abd8.jpg

ホテルの窓から撮った尾道の夜景。
(本当は「蚊が入ってくるので窓を開けないで下さい」という表示があるのだが、気にしない方針で・・・・・・電気は消したのでセーフ?)



その後テレビを見ながら明日の準備を済ませ、大好きな尾道の夜景を横目に夢の世界へ旅立った。



…続く

■旅行記一覧■

・第0回 行程0〜1日目 ~上野→高岡(寝台特急「北陸」)~
・第1回 行程1日目 ~城端・高岡~
・第2回 行程1日目 ~富山・糸魚川~
・第3回 行程2日目 ~直江津→長野~
・第4回 行程2日目 ~長野→新潟~
・第5回 行程2~3日目 ~新潟→大阪(急行「きたぐに」)~
・第6回 行程3日目 ~大阪→御坊→尾道~
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://anosaka.blog.fc2.com/tb.php/61-fe37ee58

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

あの坂

Author:あの坂
神奈川県在住

いわゆるチラシの裏

→詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリー(▼クリックで子カテゴリーを表示)

月別アーカイブ

 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

FC2カウンター(2011/08/17設置)

検索フォーム

全記事表示リンク

QRコード

QR