コミケお疲れ様です

※この記事はgooブログから移行・変換したものです。

blog_import_4e3fa7e544a0e.jpg

二日間に渡って行われたイベント(模試)が今日終わりました。

その間、兄は有明の某イベントで売り子さんやってたらしいです(笑)。
(大学のサークルの手伝いらしい…)
こっちは激しい頭痛に襲われながら紙切れと格闘していたというのに…。

まぁ、そんな話はどうでもいいとしましょう。



偶には地元路線、京急についてでも。

色々なサイトを見て回ってみたのですが、最近どうも600形601編成の動きが活発化しているようですね。

blog_import_4e3fa7e5f0578.jpg
▲私が小学生になる前?に買ったと思われるボロボロの下敷 因みに写っているのは602編成

600形は1000形の後継車として私が4歳の頃、1994年に登場した都営地下鉄浅草線乗入車両で、600形としては三代目にあたります(二代目600形は一番上の写真)。
登場時は上の写真のようにこげ茶色のワイパーカバーをつけていました。

その後、視認性向上の為1995年に現在見られるようなアイボリーへと変更されています。

blog_import_4e3fa7e6ad8e4.jpg
▲1995〜2006年までの601編成 「ツイングルシート」・黒幕字幕も残存

特別な変化もなく10年近くは上記のような姿で活躍していましたが、600形の特徴でもある(オール)クロスシートは朝夕ラッシュ時には適さない代物であり、乗り入れ先の東京都(都営浅草線)からの要望もあったか否かは不明ですが、一部の座席(車端部・乗務員室後部等)を除きロングシート化改造が行われることになりました。

blog_import_4e3fa7e785273.jpg
▲改造前の600形車内(写真は600形602編成)

問題となったのがこの「ツイングルシート」。
手前の4席を収納して立席スペースを確保するというのが売りでしたが、後に固定化されたことで立席定員が減少しラッシュ時における”厄介者”と化していました。

blog_import_4e3fa7e8612a2.jpg
▲2006〜2009年までの601編成 改造と同時にローマ字併記の白幕字幕へ交換

そして2009年7月末。
601編成のワイパーカバーが「600」のスリット入りのものに交換されたという奇怪なニュースが…。

blog_import_4e3fa7e91b81c.jpg
▲イメージ(※写真は2100形)

8/10に運用復帰し、現在は営業運用に入っているらしいので「来ないかなぁ」と思っていると、昨日の帰りに早速見ることが出来ました。

blog_import_4e3fa7e9ce6e3.jpg

随分スマートになりましたね…(笑)。



これで

子供「あっ!1000と2100がいる!ママ、あの1000に似てるのは何てゆーの?」
母「ごめんね…ママ、ちょっと分かんないなぁ…」

みたいな会話が無くなると良いですね(^^;

…新1000形・2100形の基礎となった600形の扱いがあまりにも不憫に思えていたので…。
(もう手遅れかもしれませんが…)



何はともあれ、今後他の編成にも広がるのかどうか気になるところです。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://anosaka.blog.fc2.com/tb.php/60-601461d1

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

あの坂

Author:あの坂
神奈川県在住

いわゆるチラシの裏

→詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリー(▼クリックで子カテゴリーを表示)

月別アーカイブ

 

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

FC2カウンター(2011/08/17設置)

検索フォーム

全記事表示リンク

QRコード

QR