宮ヶ瀬・伊豆半島一周ツーリング1

9月10日から11日にかけて、近場へソロツーリングに行ってきました。
今回はクロスカブではなく、藤沢のHonda DREAMさんでCBR125Rを借りてみました。
キャンペーン中なのか、かなりお安く借りることができました^^

■1日目(レンタル店→宮ヶ瀬ダム→地元)

【走行ルート】



領収書を紛失してしまったので燃費(平均)に関して正確な数値は分かりかねますが、だいたい45km/Lくらいだったでしょうか。

miyagase (1)

レンタル手続きを済ませ、午後0時過ぎにお店を出発。
教習以来となるMT車に梃子摺りながらも、何とか県立あいかわ公園の駐車場に到着。
平日だったので駐車料金は無料でした。
(普段は二輪車:100円)

miyagase (3)
▲石小屋ダム(宮ヶ瀬副ダム)

宮ヶ瀬ダムの放流を調整する働きがある通称・石小屋ダム(副ダム)。
台風18号通過の影響か、普段はなかなか見られない越流の様子を確認できました。

miyagase (5)miyagase (4)
(左)新石小屋橋から宮ヶ瀬ダムを望む
(右)ス○ラッシュマウンテン気分を味わえそうな凄まじい水しぶき(^^;


明らかに様子がおかしい宮ヶ瀬ダム…(^^;
後でインクライン乗り場の方と水とエネルギー館の職員さんにお話を伺ったところ、観光放流時(30[㎥/s])よりも多い100[㎥/s]の水を流しており、また、10日現在の水位が夏季制限水位よりも約2.0m高くなっているらしく、緊急放流により水位を調節しているもののなかなか下がらないとのことでした。

※夏季制限水位…降雨量の多い夏季(洪水期)に合わせて常時満水位よりも低く設定している水位(宮ヶ瀬ダムはEL.275.5m)

ダム管理事務所HPによると、上部にある高位常用洪水吐から45[㎥/s]、下の利水放流設備から55[㎥/s]放流されているらしく、恐らく下部の放流がこの迫力を生み出しているんでしょうね。
(観光放流時は左右の高位常用洪水吐から15[㎥/s]ずつ放流)

〔参考〕
・宮ヶ瀬なう !! ♪宮ヶ瀬ダム情報♪ (最新)/相模川水系広域ダム管理事務所
http://www.ktr.mlit.go.jp/sagami/sagami00393.html


miyagase (2)

エレベーターでも堤体上部に行けますが、折角の機会なのでインクラインに乗ってみました。
(片道200円、往復:300円)

miyagase (6)-1miyagase (7)
(左)堤体上部より下流側を望む。天気の良い日には横浜ランドマークタワーも見えるそうです。
(右)幻想的な宮ヶ瀬湖


水とエネルギー館でダムカードをいただき、展示を一通り見てから堤体上部へ。
雨が降り続く生憎の空模様でしたが、迫力ある放流の様子や幻想的なダム湖の姿を見れたので満足です。

miyagase (8)miyagase (9)
(左)真名瀬漁港付近
(右)立石公園からの眺め


帰りは伊勢原・平塚経由で地元へ。
夕方には綺麗な夕焼け空が広がり、途中、葉山・秋谷へ寄り道しながら家路につきました。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://anosaka.blog.fc2.com/tb.php/537-97b8b909

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

あの坂

Author:あの坂
神奈川県在住

いわゆるチラシの裏

→詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリー(▼クリックで子カテゴリーを表示)

月別アーカイブ

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

FC2カウンター(2011/08/17設置)

検索フォーム

全記事表示リンク

QRコード

QR