『書を捨てよ、旅へ出よう』 第2回

※この記事はgooブログから移行・変換したものです。

blog_import_4e3fa7bbc52fb.jpg

●『北陸・近畿・中国旅行記的なモノ』 ~富山・糸魚川~ 行程1日目(2009/3/26)

仮設通路を通り、富山駅北口の正面へ出た。

blog_import_4e3fa7bc4d9de.jpg

この富山ライトレールは2006年に開業した日本初となる本格的LRT(ライトレール)で、同年まで存在したJR富山港線の路線を一部利用して列車の増発、駅の増設などを行い、以前と比べものにならないほど利便性が向上している。
ただ路線を廃止にするのではなく既存の路線を活用し更なる利便性を追求したこの試みは、素直に素晴らしいと思う限りである。

この後、富山地方鉄道に乗り隣駅(稲荷町駅)まで向かった。

blog_import_4e3fa7bce60ce.jpg

富山地方鉄道16010形電車として余生を送る元西武「レッドアロー」(5000系)。
外観は西武時代と変わらないらしいが、足回りにはJR485系の機器が、マスコンには京急1000形のものが流用されている。

それにしても気持ち良さそうである(笑)。

blog_import_4e3fa7bdd6a0c.jpg

富山駅前を走る富山地方鉄道市内軌道線7000形。
同じ駅で新旧二種類の”路面電車”を見ることが出来る富山駅。
比較してみるのも面白いのではないだろうか。


色々撮り歩いているうちに15時過ぎになっていた。
今夜の宿の時間が危うくなってきたので、普通電車に乗り北を目指すことにした。

途中、親不知までは曇りのような晴れのようなよく分からない天気であったが、トンネルを抜けると雪が降っていた。
糸魚川に向かうに連れ雪の量が増していく…。

宿まで急がなくてはならないが、糸魚川で朱色の気動車が見えたので下車することに。

blog_import_4e3fa7be9f8df.jpg

大糸線の運用に入るキハ52形気動車。

JR東日本の同形車が廃車となった今、JR最後のキハ20系列の生き残りとなってしまったこの車両達。
代替車が中々見つからないため奇跡的に生き残っているが、近いうちにも置き換えが始まるという噂も立っている…。

老い先長くは無いということは確かだろう。
(追記:2010年2月全車引退予定)


これを撮影し、今夜の宿がある直江津へと向かった。


…続く

■旅行記一覧■

・第0回 行程0〜1日目 ~上野→高岡(寝台特急「北陸」)~
・第1回 行程1日目 ~城端・高岡~
・第2回 行程1日目 ~富山・糸魚川~
・第3回 行程2日目 ~直江津→長野~
・第4回 行程2日目 ~長野→新潟~
・第5回 行程2~3日目 ~新潟→大阪(急行「きたぐに」)~
・第6回 行程3日目 ~大阪→御坊→尾道~
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://anosaka.blog.fc2.com/tb.php/53-30cfb6b7

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

あの坂

Author:あの坂
神奈川県在住

いわゆるチラシの裏

→詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリー(▼クリックで子カテゴリーを表示)

月別アーカイブ

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

FC2カウンター(2011/08/17設置)

検索フォーム

全記事表示リンク

QRコード

QR