ラウンドアバウト導入

金沢区柳町のロータリーが3月20日からラウンドアバウトに変更されたとの記事を見かけたので、現地を見てきました。

柳町に県内初導入 | 金沢区 | タウンニュース
http://www.townnews.co.jp/0110/2015/03/26/276635.html

yanagicho_1 (1)
▲既存の標識(一時停止)が撤去され新設された標識(環状の交差点における右回り通行)

ラウンドアバウト(環状交差点)は、道路交通法によると「車両の通行の用に供する部分が環状の交差点であつて、道路標識等により車両が当該部分を右回りに通行すべきことが指定されているもの」(第一章第四条第三項)と定義されており、道路交通法改正を機に2014年9月1日から全国的に本格導入されました。

従来のロータリー(円形交差点)との差異について疑問が湧いてくると思われますが、これに関しては

・環状路の交通が優先(環状路内の交通を妨げてはならない)
・環状路の交通は一方通行かつ時計回りで、信号や一時停止の規制を受けない
・環状路に流入する車両は、交差点内を通行する車両がいなければ一時停止の義務はない

~参考:国土交通省「ラウンドアバウトの現状」 ~

という点で従来のロータリーとは異なります。

信号機の設置費用・維持管理費用が不要であること、停電時でも運用可能であること、多叉路における長い信号待ちがなくなること、(交差点通過・流入速度の低下により)安全性が向上すること等のメリットがある反面、用地確保の問題、交通量や車線数が多い交差点(規模の大きい交差点)では運用が難しくなる等の課題も残っています。

yanagicho_1 (2)yanagicho_1 (3)
(左)北側から (右)南側から
yanagicho_1 (4)yanagicho_1 (5)
(左)東側から (右)西側から

上の写真は現地を4方向から写したものですが、「止まれ」の標識が撤去され、交差点進入時の一時停止義務がなくなっていることが見て取れます。

yanagicho_1 (6)

新しい交通ルールが適用されたということで気になるのがその通行方法だと思われますが、合図に関しては、交差点から出る際に方向指示器等で左折合図を出せば良いことになっているようです。
詳しくは免許証更新時に貰える教本等でご確認ください。

ではでは。

[参考]

・道路交通法(法令データ提供システム/総務省行政管理局)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S35/S35HO105.html
・国土交通省「ラウンドアバウトの現状」 【PDF注意】http://www.mlit.go.jp/road/ir/ir-council/roundabout/pdf01/4.pdf
・ケンプラッツ『「止まれ」から「ゆずれ」に、全国に広まる環状交差点』 http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/const/news/20140916/677269/
・タウンニュース「環状交差点 柳町に県内初導入」 http://www.townnews.co.jp/0110/2015/03/26/276635.html
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://anosaka.blog.fc2.com/tb.php/509-be912522

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

あの坂

Author:あの坂
神奈川県在住

いわゆるチラシの裏

→詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリー(▼クリックで子カテゴリーを表示)

月別アーカイブ

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

FC2カウンター(2011/08/17設置)

検索フォーム

全記事表示リンク

QRコード

QR