SEASIDELINE

久々に鉄道ネタを。
新交通(AGT)ですが(^^;

昨年1月に訪れた貝山緑地と平潟湾周辺でシーサイドラインを撮影してきました。
訂正:よくよく見たら今年でした…もう11ヶ月も経ったんですね(白目)

seaside20141206 (6)

特別カラーの第46編成が現れ慌てて撮影した結果()
試行錯誤した結果、平潟の集合住宅を構図に入れた方が良さそうとの判断。

seaside20141206 (7)

紅葉の時期が終わる前に朝日を浴びて燃え上がる山肌を撮影したかったのですが、生憎山全体に光が当たってくれません…。
こればっかりは運ですね。

seaside20141206 (8)

すっかり日も高くなり、あっと言う間に黄金の30分間が終了。
どうやら回数を重ねるしかなさそうです。

seaside20141206 (9)

続いて横浜市街地方面。
横浜メディアタワーから横浜金沢ハイテクセンタービルまで一つの構図に収められるのが特徴ですが、言うまでもなく車両が小さくなってしまうのが残念なところ。
超望遠で特定の部分に注目してみるのが良いかもしれません。

seaside20141206 (10)seaside20141206 (11)
(左)右下に辛うじて車両の姿を捉えることができると思います…
(右)トリミングで一部切り出し(チート)


八景島・本牧方面。
こちらに関しても車両が小さくなってしまうので、三菱重工の風車やベイブリッジに着目して超望遠で撮影するのが良さそうです。
レンズ買わなきゃ…(使命感)


seaside20141206 (1)

長浦港から出てきた掃海艇「ゆげしま」。
どうやら大湊地方隊・函館基地所属の艦艇らしいです。

逆光下での撮影ですが、きらめく水面と艦影のコントラストが美しい一瞬でした。

seaside20141206 (2)
▲室ノ木歩道橋上より

続いて平潟湾へ。
ちょっとピンが甘いですが、今日の撮影地の中では一番好みの構図です。

seaside20141206 (3)

歩道橋の上から富士山が見えたので、野島側へ移動して絡められそうな場所へ。
この場所は他の方の写真でもよく見かける構図です。

seaside20141206 (5)seaside20141206 (4)

帰帆橋側に移動して望遠で狙ってみましたが駄目ですね。
下り側だと車両の影になり、上りだとそもそも顔が映らないというジレンマ。
それにもうちょっと高さが欲しいところ…。

もうちょっと上手いこと富士山を絡められそうな撮影地を開拓したいものですね…。

ではでは。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://anosaka.blog.fc2.com/tb.php/489-2ed667c9

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

あの坂

Author:あの坂
神奈川県在住

いわゆるチラシの裏

→詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリー(▼クリックで子カテゴリーを表示)

月別アーカイブ

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

FC2カウンター(2011/08/17設置)

検索フォーム

全記事表示リンク

QRコード

QR