旧柳下邸を訪ねる

清々しい天気に誘われて根岸の旧柳下邸(根岸なつかし公園)を訪ねてきました。
交通費をケチるため杉田駅から歩いています…(苦笑)

negishi (1)negishi (2)
(左)西館、東館、洋館、蔵(洋館奥)の4要素で構成されている旧柳下邸
(右)背の高さが印象的な洋館。奥には蔵も見えます。


この旧柳下邸は明治初頭から商業人として活躍していた柳下氏によって大正期に建設されたもので、1998年から2002年にかけて復元工事が行われ、現在は横浜市の有形文化財に指定されています。

洋館付き住宅(和洋折衷住宅)と言うと『となりのトトロ』の草壁邸が有名ですが、ここ旧柳下邸も洋館と入母屋造りの建物が組み合わさった和洋折衷構造となっています。
(石積みの蔵も併せて保存しているというのが良いですね)

negishi (3)

洋館二階へと続く階段。(二階への立入は禁止)
こんな家に住んでいたらどのような生活を送れたのでしょうかね…。

どことなく懐かしさを感じさせる内部を一通り見学した後、南太田駅まで歩き帰途に着きました。

〔参考〕
「日本の住宅建築に見られる大壁造及び近代和洋折衷住宅における真壁造との融合に関する調査研究」
よこはま洋館付き住宅を考える会・有限会社ユー・エス・シー街・空間計画
http://www.2x4assoc.or.jp/builder/act/tsuboi/pdf/tuboi01-5.pdf


(追記:2013/10/17)

negishi (5)

UPしたのに忘れていました…。
気温的には汗ばむ程でしたが、爽やかな空模様となりました。

【余談】

negishi (4)
▲奥にはランドマークタワーの姿も

八幡橋交差点の歩道橋から見た堀割川。
明治初期に開削された人工河川で、2010年度には土木学会選奨土木遺産に認定されています。

かつてこの横を走っていた横浜市電が現在も残っていたとすれば、どのような姿を見せてくれたのでしょうか。

〔参考〕
土木学会「関東地方の選奨土木遺産・堀割川」
http://www.jsce.or.jp/contents/isan/blanch/3_50.shtml
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://anosaka.blog.fc2.com/tb.php/435-c62220b6

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

あの坂

Author:あの坂
神奈川県在住

いわゆるチラシの裏

→詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリー(▼クリックで子カテゴリーを表示)

月別アーカイブ

 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

FC2カウンター(2011/08/17設置)

検索フォーム

全記事表示リンク

QRコード

QR