北陸・中国・四国旅行記 八

●「北陸・中国・四国旅行記 八」 ~お家に帰るまでが旅行です~ 行程7~8日目(2011/09/09-10)

サンライズが入線してくるまで暇を持て余しそうなので、入場券を使ってしばし撮影タイム。

DSCN4128.jpg

121系のトップナンバー。
103系と205系を足して2で割ったようなこの車両…結構好きだったりします(^^;

DSCN4134.jpg

2両編成で運用に就く8000系S編成。
ディーゼル特急と異なり物凄く違和感が…。

DSCN4121.jpg

JR四国の新型気動車1500形。
3年前に四国を訪れたときにも目にはしましたが、撮影するのは今回が初めて。
デザインにも気合いを入れている感じがして良いですね。

DSCN4142.jpg

高徳線の運用に入るキハ47。
四国のキハ47はデフロスタが付いているので引き締まって見えます。



そうこうしている間にサンライズが入線してきました。

DSCN4146.jpg

よく「お家に帰るまでが遠足です」なんてことを言われた時期がありましたが、家に帰るまでの旅行気分をより高めてくれるの存在の一つにこの寝台列車があると思うんですよね。

値段の安さなら高速バス、時間の早さなら新幹線や飛行機と…もっと便利な乗り物はたくさんあるんですが、やはり寝台列車には特別惹かれるものがあります。
収益的な面で考えると芳しくないとは思われますが、末永く残っていて欲しいものです。

DSCN4148.jpgDSCN4156.jpg

今夜乗り込むのは私の大好物であるモーター車(10号車)。
構造的にダブルデッカー化することが出来ないので、従来のブルトレ個室寝台車のような平屋構造となっているのが特徴です。

DSCN4150.jpgDSCN4160.jpg
(左)車内
(右)ラウンジ(サロンスペース)

構造的に仕方ないとはいえ、両側に壁がせまる迫力は583系を凌ぐものがありますね…。

参照:新潟→大阪 急行「きたぐに」(2009/3/27~28)

DSCN4151.jpg

今夜の寝床。(個室ソロ)
やや狭く感じられますが、この程度の広さがあれば寝るには十分過ぎるくらいです。

DSCN4170.jpg

21歳の誕生日を目前に控え一人乾杯。
旅の疲れが癒されます^^

この後、高松駅で買った弁当を食べ岡山を過ぎた辺りで眠ってしまいました。

DSCN4191.jpg

翌朝、静岡で一度目覚めうとうとしている間に列車は熱海へ。
熱海からの道のりは短いものであっという間に横浜に到着。

一夜を共にした列車に別れを告げ、一週間ぶりの京急で家路へとつきました。





(旅行7~8日目・ルート)

高松→(車中泊)→横浜→六浦

■北陸・中国・四国旅行記一覧

・北陸・中国・四国旅行記 壱 行程1日目(2011/09/03)
・北陸・中国・四国旅行記 弐 行程2日目(2011/09/04)
・北陸・中国・四国旅行記 参 行程3日目(2011/09/05)
・北陸・中国・四国旅行記 四 行程4日目(2011/09/06)
・北陸・中国・四国旅行記 伍 行程5日目(2011/09/07)
・北陸・中国・四国旅行記 六 行程6日目(2011/09/08)
・北陸・中国・四国旅行記 七 行程7日目(2011/09/09)
・北陸・中国・四国旅行記 八 行程7~8日目(2011/09/09-10)
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://anosaka.blog.fc2.com/tb.php/322-c558ff8e

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

あの坂

Author:あの坂
神奈川県在住

いわゆるチラシの裏

→詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリー(▼クリックで子カテゴリーを表示)

月別アーカイブ

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

FC2カウンター(2011/08/17設置)

検索フォーム

全記事表示リンク

QRコード

QR