イタリア旅行記2

※この記事はgooブログから移行・変換したものです。

blog_import_4e3fa6d469039.jpg

何となく、放置してあったイタリア旅行記でも。

■イタリア旅行記2 3日目(2009/3/17) ~取り敢えずアッシジ編~

ローマ観光を終えた3日目の朝、次の目的地アッシジ・シエナへと旅立ちます。

blog_import_4e3fa6d4e7093.png

●アッシジ-Assisi-

イタリア共和国ウンブリア州ペルージャ県のコムーネの一つ。人口は約2万4000人。
フランシスコ会を創設した聖フランチェスコが生誕した地として有名で、「アッシジ、フランチェスコ聖堂と関連修道施設群」として世界遺産にも登録されています。
他に、女子修道会「クララ会」を創設した聖女キァーラを祭る「サンタ・キァーラ修道院」もあります。

●シエナ-Siena-

イタリア共和国トスカナ州シエナ県のコムーネの一つ。人口は約5万5000人。
フィレンツェと肩を並べる芸術の町で、中世の街並みの面影を色濃く残していることから1995年に、「シエーナ歴史地区」として世界遺産に登録されました。
またシエナは金融都市としても有名で、現在営業している銀行としては世界最古の「モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行」(1472年創業)の本店があります。

ローマからバスを使って、まずアッシジに向かいます。

車窓に揺られてしばらくすると線路が見えてきました。
来るかなと思ってカメラを構えていると来ました!

あっという間に通り過ぎて行く…。
日本で言うスーパー特急(北越急行とか)みたいな感じ。

blog_import_4e3fa6d5ae68a.jpg
▲バスの窓越しに撮影

そして、トイレ休憩を終えてすぐにアッシジへ到着。

blog_import_4e3fa6d65416d.jpg

まるで城塞都市のような光景。
それもその筈このアッシジはローマ帝国時代から続く古代都市で、北方からの異民族からの攻撃に備え城壁を構えたとか。

山の麓の駐車場で下車しエスカレーターで山の途中まで登ります。

blog_import_4e3fa6d71e728.jpg

何というか素晴らしい眺めでした…。メタボには厳しい町ですがw

眼下には眩しい程白く光り輝く硬葉樹が。

blog_import_4e3fa6d7b8439.jpg

そうオリーブです。
地中海性気候区分に属するアッシジならでは。

少し歩くと前にサンタ・キァーラ修道院が見えてきました。

blog_import_4e3fa6d8a8ac3.jpg

この修道院は、聖フランチェスコの精神に従った女性キァーラのグループが建てた女子修道院で、1257年に完成しました。
中では現在も修道女の方々が暮らしているようで、日本人の方もお一人いらっしゃるようです。

修道女の方々の食事は豆と米?で作ったお粥のようなものらしく(一日2回)、外出も禁止されており、ミサの際も2階の謁見席から参加されるようです。

修道院内は撮影禁止なので省略。

更に歩くと…教会の中に神殿をぶち込んだような建物が見えてきました。

blog_import_4e3fa6d9d96f3.jpg

「あれ、パルテノン神殿じゃね?(違)」※パルテノン神殿はギリシアのアテネにありますw

と言っても、強ち類似点がない訳ではないんですね。
というのもこの建物は「ミネルバ神殿」という神殿なのですが、この「ミネルバ」はローマ神話内での「勝利・知恵の神」でギリシャ神話で云う「アテナ」に相当するものなのです。

因みに現存する本家のパルテノン神殿は紀元前5世紀のものですが、この神殿は紀元前1世紀のもの。
そのため建築様式も、ドーリア式・イオニア式のパルテノン神殿に対してこの神殿はコリント式となっています(銀行建築とかでよく見る様式ですね)。

blog_import_4e3fa6dabfa9d.jpg

コムーネ広場反対側の光景。素敵です…

blog_import_4e3fa6db85991.jpg

アッシジには19・20世紀になって手を加えられた道も多くありますが、こういった中世の雰囲気を残した小道も残っています。

blog_import_4e3fa6dc270a2.jpg

これも中世の建物だとか。

そして見えてきたのがフランチェスコ聖堂。

blog_import_4e3fa6dcf16cb.jpg
▲正面から

blog_import_4e3fa6dd79950.jpg
▲側面から

この聖堂はアッシジに生まれ死後に聖人に列せられたアッシジのフランチェスコの功績をたたえるために建設されたといわれています。
1228年に教皇グレゴリウス9世によって建築が始まり、1253年に完成しました。

この教会の面白さは斜面を有効に利用するため建物が上下2段に分かれており、上部分がゴシック様式、下部分がロマネスク様式になっているところでしょう。
1997年に発生したウンブリア・マルケ地震で聖堂が大きく損傷してしまったらしいのですが、2000年には元の姿へ修復されたらしいです。
(この間の地震でまた壊れていなければいいのですが…)

この後昼食をとりました。
トリュフのパスタと鶏肉料理でした。

トリュフは少し不気味でしたが慣れれば結構おいしいんじゃないかと思うように…。

デザートはこれまたたんまりとしたチョコレートケーキ。
サービスで二切れも貰ってしまいましたw

blog_import_4e3fa6de1f378.jpg

この景色を最後にアッシジを後にし、次の目的地シエナへと向かいます。



シエナ編はまた今度。



無性に『薔薇の名前』が見たくなってきた。

▼イタリア旅行記一覧

・イタリア旅行1~2日目(2009/03/15~03/16) ~ローマ・ヴァチカン~
・イタリア旅行3日目(2009/03/17) ~アッシジ~
・イタリア旅行3日目(2009/03/17) ~シエナ~
・イタリア旅行4日目(2009/03/18) ~フィレンツェ~
・イタリア旅行5日目(2009/03/19) ~ピサ~
・イタリア旅行6日目(2009/03/20) ~ヴェネツィア~
・イタリア旅行7日目(2009/03/21) ~ヴェローナ~
・イタリア旅行7日目(2009/03/21) ~ミラノ~
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://anosaka.blog.fc2.com/tb.php/31-066de809

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

あの坂

Author:あの坂
神奈川県在住

いわゆるチラシの裏

→詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリー(▼クリックで子カテゴリーを表示)

月別アーカイブ

 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

FC2カウンター(2011/08/17設置)

検索フォーム

全記事表示リンク

QRコード

QR