鷹取山散策

昨日、以前から立ち寄ってみたかった神武寺へ行くついでに鷹取山を散策してきました。



朝6時。
まだ夜が明けぬ中、家から歩いて神武寺駅方向へ。

DSCN5518.jpg
▲神武寺・鷹取山ハイキングコース入口

逗子中学校南の丁字路を曲がりハイキングコースへと向かいます。

DSCN5523.jpg
▲ハイキングコース

もちろん街灯の類は一切ないので、夜に来た場合は確実に迷うでしょうな(^^;

CRW_1000_RJ.jpgCRW_1003_RJ.jpg
(左)神武寺山門(1761年建立)
(右)朝日に照らされ輝く山門

家を出て1時間ほどで神武寺に到着。
あまり人気はなくまさに山中のお寺と言った感じでしょうか。

因みにこの神武寺(天台宗)、縁起によれば奈良時代(724年)創建のお寺ということになっているそうですが定かではないとか。
(ただ吾妻鏡によると1209年には暗殺されたことで有名な源実朝が参詣しているようです)

DSCN5559.jpg

紅葉と本堂。
朝早いからなのか影で暗くなってしまったのが残念。

撮影を済ませ、再びハイキングコースへ。
鷹取山を目指します。

CRW_1035_RJ.jpgCRW_1039_RJ.jpg
(左)途中にあった展望スポットから富士山を写す
(右)江の島と伊豆・箱根の山々

ハイキングコースを歩いていくと開けた場所に出ました。
高圧鉄塔の送電線などが邪魔することもなく裾の方まで富士山を見渡せる場所は、この近辺ではここくらいでしょう。
実際、散歩中の方々も相次いでこの場所で写真を撮っていました。

CRW_1054_RJ.jpg
▲通行補助のために鎖が打ち込まれた道

この後徐々に道が険しくなり、カメラを片腕にかけた状態では若干苦しい道も…(^^;

DSCN5577.jpgDSCN5579.jpg
(左)展望台から見た久里浜の海
(右)東京スカイツリーと鶴見つばさ橋 背後には微かに筑波山の姿も…

神武寺から30分ほどでお馴染み鷹取山に到着。
この日は空気が澄んでいて伊豆大島やスカイツリーも確認することが出来ました。

DSCN5583.jpg
▲あまりの寒さに霜が降りた

それにしても寒い寒い…(^^;
手袋を持っていってつくづく良かったと思う限り。

DSCN5604.jpg
▲宅地化が進むハイキングコース入口

再びハイキングコースを進み20分ほどで六浦側の最終地点に到着。

寒い中ひたすらと歩いたせいなのか疲労感が残ったものの、自分の知らない鷹取山を知ることが出来たという点では良かったと思います。

冬の内に今度は鎌倉まで歩いてみたいですな。
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://anosaka.blog.fc2.com/tb.php/280-8c1c0a6e

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

あの坂

Author:あの坂
神奈川県在住

いわゆるチラシの裏

→詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリー(▼クリックで子カテゴリーを表示)

月別アーカイブ

 

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

FC2カウンター(2011/08/17設置)

検索フォーム

全記事表示リンク

QRコード

QR