信州・飛騨高山へ 壱

気が向いてきたので三回に分けて書いていこうと思います。
読みづらいのは仕様ですのでご了承ください(^^;



家族旅行となると鉄道などの公共交通機関をあまり使わない傾向にある我が家ですが…今回も例に漏れず八王子バイパス経由で中央道を使って松本を目指します。

DSCN2233.jpg

建設中の圏央道(八王子JCT~海老名JCT)を見上げながら山梨方面へ。

談合坂SAで朝食休憩をとり諏訪湖へ。

DSCN2263.jpg
▲甲府盆地あたりのどっか

湿度のせいか空気が淀んでいますが、遠くの山々が良い感じ。
家の近くではまずこんなに高い山を見ることは出来ないもんなぁ…。

CRW_0055_RJ.jpg

諏訪湖SAに到着。
久しぶりに諏訪湖のソフトクリームを堪能。うまうま。

DSCN2266.jpg
▲登録有形文化財「旧第一勧業銀行松本支店」

松本市街地に到着。
駐車場に車を止め、折角来たので松本城を見ていくことに。

CRW_0082_RJ.jpg

戦火から逃れた数少ない日本の名城「国宝松本城」。
白鷺城こと姫路城とは違う美しさを持っています。

『おひさま』効果なのか中に入るのに随分待たされましたが、30分ほど並びようやく中へ。

DSCN2289.jpg
▲松本城天守内部

大きな改修がなされていないためSRC造の大阪城などとは異なる古き良き木造の趣を十分に感じられました。
階段も一段一段が高く傾斜も急で、子連れの方々はさぞかし苦労されたことでしょう…。

DSCN2288.jpgDSCN2292.jpg
(左)マミさんのマスケット銃を思い出す…(´;ω;`)ブワッ
(右)火縄銃

DSCN2302.jpgDSCN2305.jpg
(左)天守六階より南方を望む
(右)同じく天守六階より旧開智学校を望む

十分に天守内部を堪能したところで松本城を後にし親戚宅へ。

DSCN2313.jpg
▲旧松本電鉄浅間線の車両をイメージしたラッピングが施されたキュービック

とりあえず挨拶の前に奈良井川に架かる橋の近くで車を降り撮影タイム。

CRW_0098_RJ.jpg

タイミングとピントが甘々ですね(苦笑)。

CRW_0119_RJ.jpg

今度は橋梁のすぐ横から。
天気が悪いのが残念なところ。冬の晴れ間にまた来てみたいです。

CRW_0122_RJ.jpg
▲橋梁から移動し家から比較的近い線路際の道から

どうもピントが甘いですな…。
これは9月の大遠征までに練習を積まないとマズい気がする…(^^;

▼撮影後、親戚の方に挨拶したところ新村駅に東急の古い車両がいるとの情報をいただいたので迷わず直行(^^;

DSCN2325.jpgDSCN2332.jpg

東急の青ガエルこと5000系で間違いないですね。
以前は松本電鉄色だったそうですが、最近になって東急時代の塗装に塗り直されたそうです。
熊本まで行くのは面倒という方…是非松本へお越しください(^^;

※ [ アルピコ交通 ]「松本電鉄 5000形」外板補修及び再塗装のお知らせ
http://www.alpico.co.jp/information/company_news/2011/07/_5000_2.php




その後親戚の家で夕飯をいただき一日目は終了。

ビールやらサワーやらを飲み過ぎた気がしてならない…(^^;
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://anosaka.blog.fc2.com/tb.php/196-545a068f

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

あの坂

Author:あの坂
神奈川県在住

いわゆるチラシの裏

→詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリー(▼クリックで子カテゴリーを表示)

月別アーカイブ

 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

FC2カウンター(2011/08/17設置)

検索フォーム

全記事表示リンク

QRコード

QR