FC2ブログ

光彩

 冬の間にライトアップが行われてる横浜・八景島シーパラダイスまで夜景を撮影しに行ってきました。

20181120 (2)

 「Mystical Light」という企画の中で「レインボー・マリンゲート」として紹介されている八景島マリンゲート。時間によって色が変わるようで、単色や七色のグラデーション等様々なパターンのライティングを楽しめます。

20181120 (3)

 水色一色に染まったマリンゲート。まどマギに登場した渡り廊下を髣髴とさせますね。

20181120 (6)

 七色に染まったマリンゲート。美しいです。

20181120 (4)

 「グリッター・シェルロード」と呼ばれる散策路。マリオカートシリーズでお馴染みのレインボーロードを髣髴とさせる光景についつい見入ってしまいました。

20181120 (5)

 適当な被写体を見つかられなかったので、灯具にピンを当てて玉ボケをつくってみました。
 楽しい^^

20181120 (1)

 最後に島外からマリンゲートとアクアミュージアムを。

 この時期はイルミネーションを見ながら歩いているだけでも楽しいので、皆様も是非金沢区へお越しいただければと。
 ではでは。
スポンサーサイト

撒き餌レンズ

  • 2018/11/18 14:23
  • Category: 雑記
 を買ったので、試し撮りをしてきました。

20181118 (1)

 構図もへったくれもなく適当に撮影しただけなのですが、何だか上手くなった気分になれますね()
 F1.8の世界ってすげぇ…(^^;

20181118 (3)

 お昼寝中のにゃんこを激写。

20181118 (2)

 ここの猫は警戒心が強いのでこれ以上は近付けませんでしたが、岩合さんばりに距離感の近い写真を撮りたいところ。

20181118 (4)

 玉ボケすげぇ…。夜景を撮るのが楽しみです。

 …という訳で、Canonの純正レンズである「EF50mm F1.8 STM」を使用して撮影してみました。価格が高いイメージが強い単焦点レンズの中でも2万円を切る安値で買えるため、レンズ沼へと誘う「撒き餌レンズ」と呼ばれている訳ですが、低価格ながら満足度の高い画が得られるコスパの高さには正直驚きました。

 ズームレンズと違い自分が動く必要があったり、明るいレンズ故にSSやF値の調整が面倒だったりと慣れない部分が多いですが、使っていく内に納得の行く撮り方を模索していこうと思っています。

 ではでは。

(仮称)小柴貯油施設跡地公園

 今月発行の広報よこはま金沢区版の中に現在整備中の(仮称)小柴貯油施設跡地公園内に入場できるイベントが開催されるという文面を見つけ、夜勤(宿直)明けですが「健康ウオーキング2018」に参加してきました。

【参考】
・【PDF】広報よこはま 金沢区版 平成30年11月号
http://www.city.yokohama.lg.jp/kanazawa/02kuban/2018/pdf/1811.pdf

■(仮称)小柴貯油施設跡地公園とは

 (仮称)小柴貯油施設跡地公園とは、神奈川県横浜市金沢区に存在した在日米軍の航空燃料貯蔵施設である小柴貯油施設跡の跡地に整備予定の広域公園です。元々は大日本帝国海軍の燃料貯蔵基地として建設され、戦後の昭和23年(1948年)に米軍により接収され、以後、平成17年(2005年)の返還まで60年近く在日米軍管理の土地となっていました。

 返還を機に公園としての跡地利用が画策され、平成26年(2014年)には基本計画が策定、平成29年(2017年)には都市計画公園としての決定及び環境影響評価書の縦覧が行われ、現在は第1期整備として公園予定地東側のエリアを中心に工事が行われています。

koshiba20181117 (12)koshiba20181117 (13)
(左)柴シーサイドファーム内から見た旧施設 2015.04.19 (右)フェンスで厳重に仕切られている跡地(敷地外より撮影) 2015.04.19

【参考】
・横浜市環境創造局/(仮称)小柴貯油施設跡地公園
http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/park/make/koshiba.html

健康ウオーキング2018

 今回の健康ウオーキング2018参加者に限り(仮称)小柴貯油施設跡地公園を特別公開ということで、職場から急いで富岡八幡公園向かい、参加者登録を行いました。

koshiba20181117 (1)
▲公園予定地南東側にある水路。恐らく暗渠等を介して長浜水路に繋がっているのではないでしょうか。

 敷地入口で通行証をいただき中に入ると一面の更地が広がっていて、予想以上に工事が進んでいることに驚きました。いくつかあった建築物も解体されたようで、基本計画図を見る限りこの水路もいずれはなくなるのではないかと思われます。

koshiba20181117 (10)
▲ウオーキングコース内より撮影

 米軍管理時代から残っているものなのかは分かりませんが、英語で書かれた注意看板がいくつか見受けられました。

koshiba20181117 (8)
▲ウオーキングコース内より撮影

 時間が止まってしまったような印象を抱かせる一枚。この谷戸もせせらぎを中心に色々と整備が行われるようなので、建築物群も撤去されるのではないかと思われます。

koshiba20181117 (2)
▲ウオーキングコース内より撮影

 元々ポンプ室として使われていた施設。貯油施設に関する機器や設備等を展示する資料館として整備される予定になっています。

koshiba20181117 (3)koshiba20181117 (4)
(左)地上式消火栓 (右)通路沿いに張り巡らされたパイプライン

 コースを歩いていて気になったのがこの消火栓。タンクからの出火時の対応を考慮してなのか、水道管が地上に露出しており、消火栓についても地下式ではなく地上式となっています。

koshiba20181117 (5)
▲ウオーキングコース内より撮影

 元々は航空燃料が備蓄されていた地上タンク。敷地内に5基あるタンクのうち、一部が公園施設として活用される予定になっています。

koshiba20181117 (6)
▲ウオーキングコース内より撮影

 この角度から見るとまるで荒廃した世界に迷い込んでしまったような不思議な感覚に陥ります。

koshiba20181117 (9)
▲ウオーキングコース内より撮影

 高台のエリアには土砂が堆積していました。残土なのでしょうか、それとも造成工事でしょうか。

koshiba20181117 (7)
▲ウオーキングコース内より撮影

 高台から少し降りた場所にあった地下タンク。全部で29基ある地下タンクの内、こちらの1基については歴史的遺構として保存される予定となっています。

koshiba20181117 (11)
▲中央にある通路は最大勾配が16%となっており、結構しんどかったです…(^^;

 公園予定地の中央にある斜路を下り散策終了。

 夜勤明けの身体にはきついウオーキングとなりましたが、普段は見ることができない小柴貯油施設の跡地を見ることができたり、以前から見てみたかった「リアル柴口このみ」こと幸野ゆりあさんにもお会いできたり等、満足度の高いイベントとなりました。また機会があればこういったイベントに参加していきたいと思っています。

 ではでは。

湘南柱と5500形

 41Tに5500形が入っているということで地元の線路際へ。冬(秋)場はビル影と太陽の位置の関係で光が当たらないというのは承知の上でしたが、一か八かで顔ギラを狙えないか試してみることにしました。

H301111 (1)
▲1400D 1177編成 神武寺~六浦間

 めでたく(縮小すれば何とか見れないこともないくらいの)ピン甘写真になりました(汗)。北に移動すれば光線状態の良い撮影地は数多ある訳ですが、湘南柱と一緒に写せなければ意味がない訳でして、少しでも長くこのままの姿でいて欲しいものです…。

H301111 (2)
▲1440TX 5501編成 神武寺~六浦間 記録程度ということで…(^^;

 そして本命の5500形。ご覧のようなあり様なので、平日朝の41Tか来年の初夏頃にまた撮影できればと。

 ではでは。

買い物がてら

横浜まで買い物ついでに電車を撮影してきました。

20181110 (4)
▲1272SH 606編成「北海道ほたて号」 金沢文庫~能見台間

 どこかで823を撮りたいなぁ…と思っていたので何となく能見台第2踏切へ。非常にごちゃごちゃしていて6両すら入るか怪しいという感じの場所ではありますが、待避スペースもあり安全に撮影できるので記録程度の撮影はここで済ませてしまいます(^^;
側面も強調できますし…

 順光は午後の遅い時間帯ですが、冬場になると影が出てしまうようでご覧のありさま。

20181110 (1)
▲1325 1517編成  金沢文庫~能見台間  影が…()

 ボーッとしていたら後ろからやってきたので慌てて撮影。鋼製車はいずれことでんへ…みたいな噂もあったような気がしますが、結局のところどうなのでしょうかね。

20181110 (2)
▲1342 823編成 金沢文庫~能見台間 

 ごちゃごちゃした場所の宿命というか何というか、影が大量に出てしまいましたね…()
 やはりこの近辺だと西柴(片吹)が安定なんでしょうね。

20181110 (3)
▲1344 825編成 金沢文庫~能見台間 電柱の影が側面に…

 京急油壺マリンパーク号まで待ってようかと思いましたが、影が酷いのでこれを撮影して撤収。
 撮影地の開拓をせねば…。

 ではでは。

Pagination

Utility

プロフィール

あの坂

Author:あの坂
神奈川県在住

いわゆるチラシの裏

金沢八景駅周辺の開発ネタについては、左側カテゴリー「金沢八景駅東口のいま」へ

→その他詳細はこちらをご覧ください。

カテゴリー(▼クリックで子カテゴリーを表示)

月別アーカイブ

 

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

FC2カウンター(2011/08/17設置)

検索フォーム

全記事表示リンク

QRコード

QR