ついに引退…

※この記事はgooブログから移行・変換したものです。

blog_import_4e3fa83a4d9b1.jpg

本日を以って京浜東北・根岸線から209系電車が運用離脱となりました。



「寿命半分・コスト半分」の文句を謳い、ファンから某メーカーの使い捨てカメラを文字って「走ルンです」と揶揄されたこの車両は、従来の鉄道車両の製造・整備の方法を全面的に改めた新しい設計思想が盛り込まれた「新系列車両」として1993年(試作車は1992年)に誕生しました。

思えばあれから18年弱。周囲ではこの車両の意匠を受け継いだ新型車両が続々と数を増し、今回の引退も209系の流れを汲んだE233系(1000番台)電車の増備による玉突きの形での淘汰によるものということになります。

blog_import_4e3fa83b0fd49.jpg
(左)209系900番台(試作車・元901系A編成)@上野 … 2007年8月に運用離脱
(中)209系910番台(試作車・元901系B編成)@品川 … 2006年12月に運用離脱
(右)209系920番台(試作車・元901系C編成)@品川 … 2007年3月に運用離脱

blog_import_4e3fa83ba0f84.jpg
(左)209系0番台@田町
(中)209系0番台(ホーム検知装置取付後)@鶯谷
(右)209系500番台(中央・総武緩行線からの転用車→京葉線へ転用)@鶯谷

blog_import_4e3fa83c40b3f.jpg
(左)209系0番台車内@上野
(中)209系0番台6ドア車@上野
(右)同車車内 …”荷物車”と化していたコレも明日から神話…

”思い出の○○”みたいですが…ま、いいでしょう(^^;



さて、私と209系との関わりについてですが……う〜ん、高校時代からの付き合いでしょうかね(笑)。
何だかんだ言って私とは縁遠い存在でした。
というのも幼い時期にJR沿線(東戸塚)から京急沿線へ引っ越した為か、まず京浜東北線自体の印象が薄いんですよね。
(当時の記憶として残っているのは、水色一色の103系や横須賀線と東海道線の113系くらいなもんで…)

…私の周りには割と”腐れ縁”だった方もいらっしゃるようですが、そこは敢えて触れないことにしましょう…(^^;

しかも個人的にこの車両にはあまり好感が持てず、高校時代には友人に「座席が硬い」だの「シートピッチ(座席幅)が狭い」だの、散々文句をぶつけていましたな(笑)。
2007年からE233系が新しく導入され居住性も多少改善されたみたいですが、あの内装を見ると「やっぱり209系ファミリーだな」と思ってしまいます(笑)。

そんな209系ですが、現在の新世代車両の礎であるということには変わりは無く、良い意味でも悪い意味でも鉄道史に名を残す名車両であるということは間違いないでしょう。
その名高き車両が本家から引退ということになると、やや寂しい気がしなくもないような…。

本来の意味と若干ズレますが…
「あんたなんか居なくても大丈夫なんだからっ!!」
と同時に
「私、あっ…あんたが居ないと…そ、その…やっぱりダメみたい…」
というような、ツンデレにおける葛藤というかジレンマみたいなものを感じてしまう訳ですよ(笑)。
とりあえずこれをツンディレンマと名付けて置きます(^^;



そのツンディレンマのお陰なのか本日、私自身最後となるであろう京浜東北線の209系に遭遇することが出来ましたので掲載致しますw

御茶ノ水からの帰り道に多数の撮影者が沿線に陣取っているのを見て撮影地を探すことにしたのですが、有名撮影地は何処も人、人、人……orz
仕方がなく定期圏内の中からあまり人が来ないであろう品川駅東海道線上りホームの端から編成の一部を撮影することに。

blog_import_4e3fa83cba7da.jpg

編成全体が収まっていなかったり、逆光だったり、速度制限標識が煩かったりしますが、人の背中が写っている写真よりはマシだろうということにしておきましょう(^^;


因みにこの209系、一部の車両は改造され千葉地区の”新型車両”として転用されることになっており今後も続々と改造工事が終了次第増殖していくらしいので、また209系に乗りたいという方は是非そちらへ。



何はともあれ乙でした。
スポンサーサイト

深く反省…m(_ _)m

  • 2010/01/22 17:11
  • Category: 雑記

※この記事はgooブログから移行・変換したものです。

昨年後半から兄に「お前も鳩○と変わらない」と罵られているAGRです。

4月に決めた自分ルールの規則違反、終了宣告後のブログの更新など…やること成すことが某党と大して変わらないという事実から見れば当然でしょう(笑)。

「出来ないことは口にするべきでない」

自分のことを棚に上げて「自分で出来ないこと」を他人に強要し、実行出来ないと非難するということがあってはならないというのは人間として当然のことだと思いますが(某党にも当て嵌まる…)、「出来ないことを公言すること」も程々にするべきであるというのもまた然りでしょう。

後者に当て嵌まるのがまさに私でありまして…(^^;
人間としてまだまだ半人前どころか半々人前ですね…。

以上のことを踏まえて「ブログを更新しないこと」を私には実行不可能なことと見做し、今後は自由に更新していこうと思います(駄目なヒトw)。

無理して自制するのも身体に悪いということで…(^^;;;;;;;;



今後も当ブログを宜しくお願い致しますm(_ _)m

Pagination

Utility

プロフィール

あの坂

Author:あの坂
神奈川県在住

いわゆるチラシの裏

→詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリー(▼クリックで子カテゴリーを表示)

月別アーカイブ

 

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

FC2カウンター(2011/08/17設置)

検索フォーム

全記事表示リンク

QRコード

QR