FC2ブログ

海沿いポタリング

運動がてら自転車で海沿いまでポタリングに。

hukuura1229 (3)

今年の4月に三菱重工金沢工場の閉鎖が発表されてから、ずっと気になっていた大型クレーン。
ディーゼル・タービン工場と繋がっているらしく、船積み用の設備だと思われます。

横須賀海軍工廠時代から残っていた田浦のガントリークレーンが亡き今、この辺りでは海に突き出たクレーン自体が貴重な存在なのでしっかり記録しておかないと…。

hukuura1229 (1)

この2,400キロワット風車実証機も用済みなのでしょうか。
自宅からも回っている様子が見えるだけに、なくなってしまうのであれば少々寂しいです。

hukuura1229 (2)

冷え冷えの空気が海水に暖められてゆらゆら。
南本牧埠頭のガントリークレーンですね。

hukuura1229 (5)

福浦岸壁では釣りをされる方々もちらほら。
寒い中お疲れ様です。

hukuura1229 (4)

それにしても今日の東京湾は荒れていましたね。
風が強いからでしょうか。

hukuura1229 (6)

波が岸壁を乗り越えてきた時は焦りました(笑)

hukuura1229 (8)

帰りがてら八景島駅歩道橋より。
車両にピントを合わせようとしたら失敗しました(^^;

ではでは。
スポンサーサイト

再・南のほうへ

先日三崎を訪れた際に見た岩堂山付近の景色がもう一度見たくなり、急遽早朝から自転車で三浦へ。

miura_123 (1)
▲真名瀬バス停付近より

早朝5時に家を出発。
いつも通り葉山を通るルートです。

今日は空気が澄んでいるのかうっすらと富士山が。
これは期待できそうです^^

miura_123 (2)

134号から逸れて佐島へ。
左奥に江の島も見えています。

miura_123 (3)
▲早朝よりもくっきり富士山が見えるように…

一気に飛んで油壷湾近くの諸磯へ。
アクセス手段として京浜急行バスの路線が存在しますが、ここら辺は本数が少なく自転車や自動車でないと行きづらい場所ですね。

miura_123 (5)miura_123 (4)
(左)よーく目を凝らすと伊豆大島の姿が…
(右)諸磯湾の入口に位置する三崎漁港(諸磯地区)。対岸に見えるのは油壷。


磯が多い印象を受ける三浦。
この諸磯は海底が隆起して形成された海岸で、過去に発生した地震の痕跡を確認できること貴重な場所であることから1928年に国の天然記念物として登録されたとか。

一見リアス式に見える半島端部の地形も隆起した海底が削られてつくられた海岸段丘です。

miura_123 (6)

海が見える坂道。
良いですなぁ…。

このまま駆け抜けたいところですが、戻ってくるのが面倒なのでやめときました(^^;

miura_123 (7)miura_123 (8)
(左)エ○ゲの背景として使えそう(^^;
(右)炎天下の中ここまで登ってくるのが非常にしんどいこと…


今回は三崎をスルーして宮川大橋の手前から岩堂山へ。
この景色が見たかったんですよ…。

大島もくっきり見えて言うことなし。
正直なところ佐島の辺りで暑さにやられて帰ろうかと思ってたんですが、来て良かったと思える瞬間でした。

miura_123 (9)
▲野比海岸

三浦から久里浜へ。
観音崎経由で走水を目指します。

miura_123 (11)miura_123 (10)

自転車を漕いでる最中、目に留まった静かな漁港。
鴨居と呼ばれる場所らしく、(鴨居港として)横須賀風物百選にも選ばれています。

対岸の鋸山が良い味出してます^^

miura_123 (12)

海に面した八幡神社の立派な鳥居。
浦賀の東叶神社同様、素晴らしいロケーション。

miura_123 (13)miura_123 (14)
(左)眼下に走水海水浴場を望む。雲に隠れていますが富士山も見えます。
(右)丹沢の山々


3年前に訪れた時とは比較にならない程クリアな視界。
某ゲームで使われていた馬堀海岸からの横須賀の遠景を見て「コレは盛り過ぎだろ…」と思っていたのですが、空気が澄んでいればここまで見えるんですねぇ…驚きです。

※某ゲーム(『ソレヨリノ前奏詩』)【閲覧注意】18歳未満のアクセスはご遠慮ください。
http://www.minori.ph/lineup/_yorino/

miura_123 (16)miura_123 (15)
(左)それにしても良い天気
(右)猿島の奥に住友重機械のクレーンが見えますね


少し下って何枚か撮影。
地元が見えますなぁ…(遠いなぁ…)

この後は16号に沿って金沢区へ。
何とか昼飯前に帰還できました。

▼走行ルート(ルートラボ)

早朝ポタリング

珍しく早く目覚めたので以前から行きたかった場所へ。

hayamatanada (2)

地元からチャリで30~40分程の場所にある葉山町上山口。
三浦半島では珍しくなった棚田が一面に広がっています。

hayamatanada (1)

規模は小さいですが地元農家とNPOが協力して棚田の保全に尽くされているようで頭が下がります。
稲穂の時期にまた来たいところですね。

ではでは。

▼走行ルート(ルートラボ)

南のほうへ

先週の話になってしまいますが、火曜日に無理矢理休暇を作り自転車で三浦半島へ行ってきました。

miura_a (1)
▲公園の再整備も同時に行われています

池子トンネルを通って、まずは逗子市の第一運動公園へ。

前回訪問時はボロボロだったデハ601が綺麗になって帰ってきました。
解体されるのではと思っていただけに嬉しい限りですね。
(ただ車内や床下、車体の細かい修繕は行われていないようで…)

miura_a (2)

葉山を経由して134号をひたすら南下、長井へ。

自転車を漕いでいると水田が見えたので思わず撮影。
葉山や佐原に田圃があるのは知っていますが、畑作中心の三浦の地で見かけることは殆どありませんからねぇ…。
ストリートビューを見ると以前は畑だったようで、なぜ田圃になったのか気になるところです。

miura_a (3)

黒崎の鼻近くの畑道。
三浦と言えばやはりこの光景をイメージします。
それにしても今にもアルファさんがスクーターで駆け抜けていきそうな場所ですなぁ^^
※『ヨコハマ買い出し紀行』(著・芦奈野ひとし)の主人公

miura_a (4)miura_a (5)
(左)小網代の漁港
(右)干潟のような浅瀬が確認できます(望遠)


以前から来たかった小網代にも足を運んでみました。
最近駅のポスターなどでも見かけるこの小網代の森、源流から河口までが完結している自然流域でアカテガニの生息地としても有名です。
(※現在整備中につき、内部への一般の立入・通行は禁止となっています)

『ヨコハマ』でも”ミサゴ”が住む森として登場しています。

miura_a (6)

小網代を後にし三崎へ。
国内にある海外で記念撮影(^^;

miura_a (7)
▲宮川公園の風車

宮川公園の風車を横目に県道214号を進み、今回は内陸部の県道215号を経由して帰路に着きました。
(三浦海岸→武山→衣笠→不入斗→汐入→…)

▼走行ルート(ルートラボ)


近いのにまだまだ知らないことだらけの三浦半島、今後も散策を続けて行きたいところです。

ではでは。

自転車に乗って

工事現場を見に行くついでに写真を何枚か。

CRW_1273.jpg

CRW_1275.jpg

DSCN6017.jpg

撮った写真を家で見ていつも思うのですが、どうも自分は構図の取り方が下手糞のようで、空をメインにしたいのか海をメインにしたいのかなど…どっちつかずな写真を量産してしまう傾向にあります…。
葉月さん張りの構図の取り方(例:料理写真)をマスター出来れば良いのですがね(^^;

Pagination

Utility

プロフィール

あの坂

Author:あの坂
神奈川県在住

いわゆるチラシの裏

→詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリー(▼クリックで子カテゴリーを表示)

月別アーカイブ

 

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

FC2カウンター(2011/08/17設置)

検索フォーム

全記事表示リンク

QRコード

QR