FC2ブログ

*arch*

10月20日に木崎湖の平公民館で行われた『おねツイ&おねてぃ 放送・聖地巡礼10周年記念イベント「*arch*」』に参加してきました。
ブログでは触れていませんが、夏にパシフィコ横浜で行われた『Please!10th Anniversary Final Event「summer wind」』に引き続いての参加となります。

225252242453647555.jpg

会場までの移動手段として当初は車で行くか鉄道で行くか迷っていたものの、臨時の駐車場が無料で開放されるとのことで、深夜の内に家を出て家の車で木崎湖まで向かうことにしました。
ガソリン代・高速代等、多少お財布が軽くなりました…(苦笑)

中央道の八王子ICで方面を間違えたり、大雨で雨量規制のかかる真夜中の中央道をビクビクしながら運転したりと色々トラブルがありながらも午前8時頃に、無事公民館裏の駐車場に到着。
会場に着くやいなや入場待機列に並び始めました(^^;

並び始めてから5時間程経った午後1時半に入場が始まり、各自座布団等を持参して公民館の床に着席。
こういうアットホームな場所でのイベントは初めてなので、ステージが近くに感じられましたね。

14時過ぎ、イベントが始まるとゲストが登壇し、まずは夏の横浜でも放映された特別篇の上映からスタート。
監督の「もう見てるでしょ?」との発言に対して参加者にアンケートが行われたところ、かなりの方々が夏の横浜のイベントにも参加していらっしゃったことには笑いと同時に感心してしまう部分もありました。
上映が終了すると今度はトークパート。
妄想の時間のコーナーの清水さんによる金朋さんのモノマネが個人的にツボでした…(苦笑)

長かったようであっと言う間だった2時間、本当に楽しませていただきました。

イベント後に行われた抽選会では、参加してみたは良いものの何も当たらず(^^;
18時過ぎに公民館を出発し、帰りも大雨の中央道を通りながら何事もなく帰途に着きました。


最後となりますが、このイベントは平成25年度の「長野県 地域発 元気づくり支援金」を活用した上で、スタッフ・ボランティアや地元の方々をはじめとする多くの方々の協力があってはじめて実現・成功したものだと思っています。
浅いファンながらもこの場に参加することができたことを嬉しく思うと同時に、多くの方々への感謝の意を表します。
スポンサーサイト

8年ぶりのスキー

2月25日から27日にかけて学科の友人達と菅平までスキー旅行に行ってきました。

DSC_0719.jpg

久々のスキーということで盛大にこけたり回転したりなど大変な目に遭いましたが、雪の上を軽快に駆ける面白さを改めて噛み締めました。
何だかんだ言ってもスキーは楽しいものです。

いやぁ…また行きたいですね。

松本まで

祖母の実家がある松本へ行くついでに、木崎湖までドライブに行ってきました。

■1日目(8/25)

朝9時に家を出て朝比奈ICから横横へ。
狩場JCTまでは順調だったのですが保土ヶ谷バイパスへ入った途端に渋滞に巻き込まれてしまい、横浜町田で収まる気配もなく16号を延々とのろのろ北上。
そして中央道に入っても相模湖付近まで大渋滞という渋滞地獄を味わいました(^^;
(心が折れそうになりましたが、なつまち&おねてぃBGM・ソングスCDのおかげで何とか持ち堪えました…)

IMG_2154.jpgIMG_2162.jpg

その後大月辺りから一気に渋滞が収まり、諏訪湖SAで休憩しつつ松本ICから下道を通って15時半過ぎには木崎湖へ到着。
はじめ駐車場の位置が分からずローソン大町木崎湖店で休憩がてら尋ねてみるも分からず…
よく分からないまま奥へと進んで行ったところにキャンプ場の駐車場があり、何とか駐車することが出来ました(^^;

IMG_2190.jpg

キャンプ場管理事務所はおねてぃ&ツインズ&なつまち色に(^^;
(微力ながら缶バッジを5つ程購入させていただきましたw)

IMG_2180.jpg

大糸線稲尾駅付近を走るリゾートビューふるさと。
東急車輛の留置線に止まっていたのを思い出します…。

IMG_2192.jpgIMG_2197.jpg

木崎湖で少しばかり休みちょいと足を伸ばして海ノ口駅へ。
イチカと海人はここからキャンプ場へ向かったと思われますが、結構遠いです(^^;
(これを撮影して松本方面へと戻るために集落の小道を走行する羽目になり、道が狭くかつ対向車が来て田んぼに落ちそうになったのは内緒ですw)

縁川商店ことYショップニシさんへ立ち寄るのはもう少しおねがいシリーズについて勉強してからということで今回はそのまま帰ることにしました(^^;

IMG_2226.jpg

18時過ぎ、松本の親戚宅に到着。
夕景が素晴らしかったので一枚。

IMG_2255.jpgIMG_2267.jpg
(左)あがたの森・旧松本高等学校本館
(右)松本城山公園展望台

夕食後、親戚の叔父さんがドライブへ連れて行ってくれることに。
kalafinaのファンで色々と教えていただけたのも良かったですねw

■2日目(8/26)

IMG_2285.jpgIMG_2290.jpg

家の近くで上高地線を撮影。
この辺りはどうしても逆光・半逆光になってしまいますね…。

IMG_2313.jpgIMG_2333.jpg

昨日訪れたあがたの森・旧松本高等学校本館を見学。
この校舎、おねてぃの高校のモデルになっていたりもします…(^^;

IMG_2388.jpgIMG_2406.jpg

前から気になっていた開智学校へ連れて行っていただいたりなども。

IMG_2434.jpgIMG_2441.jpg

その後、安曇野のわさび田にも連れて行っていただきました。
水も綺麗、景色も綺麗、言うこと無しですね。

わさびソフトクリームやらわさびコロッケバーガーやらわさびジュースやらを堪能して一度親戚宅へ。
1日お世話になったお礼を言ってお昼過ぎに松本を出発。
再び小仏トンネル付近で渋滞に巻き込まれながらも断続クラッチと下り坂セカンド発進で乗り切り、夕方には自宅へと戻ってこれました(^^;

とりあえずこんな感じで…ではでは。

あの夏へ行ってみる

8月4日から5日にかけて、長野県小諸市で開催された「あの夏で待ってる感謝祭@小諸」と丸の内ピカデリー3で行われた「『わんおふ -one off-』第1話・第2話先行上映会」に参加してきました。

毎度のことながら、こと細かに書き綴る気力はないので、両日まとめてざっくり、ところどころねっとりとした感じでお届けしたいと思います(^^;

■1日目(8/4)

時間の関係上、東京から長野新幹線あさま号で軽井沢へ。
軽井沢からはしなの鉄道で小諸を目指します。

IMG_0329.jpg
▲物販で長い列が出来る小諸市民会館前

小諸に到着してすぐに物販待機列へ。
この日の小諸は晴天に恵まれ、まさに作品通りの夏空模様。
待機列でも帽子や団扇、ペットボトルが大活躍しました。
(標高が高いこともあって日陰は涼しいのですがね…)

DSCN7953.jpg
▲戦利品

・感謝祭@小諸 パンフレット×2
・感謝祭@小諸 うちわ全種+美桜1枚
・感謝祭@小諸限定Tシャツ×2
・The Art of あの夏で待ってる 草薙画集
・りのんのダイカットクッション
・小諸そばまんじゅう×2
・しなの鉄道「あの夏で待ってる記念入場券セット」
・しなの鉄道「あの夏で待ってるフリーきっぷ 」大人・小人

他、地元のお土産など

…ということで15k近く金が消えていきましたw
パンフのイラストがGOODですね!同人誌のような手作り感も感じられ、これだけでも来て良かったと思っています。
りのんの限定Tシャツも(裏を除いて…)派手ではない感じで、今後も夏が訪れる度に大活躍してくれることでしょうw

物販参戦後、戦利品を収めるためのコインロッカーを探していたところ、懐古園公園事務所の方から事務所の裏手にあるとの情報を。
駅のコインロッカーとは違って大量に空きがあったのでかなり助かりました…。

IMG_0358.jpg

懐古園からの地下道を抜けたところでなつまちラッピング電車に遭遇したのであわててシャッターを切りました(^^;
ヘッドマークが付いていたのはこの日だけだったようで、もう少しまともに撮っておけばなぁ…と少々後悔しております。

さて、いよいよ待ちに待ったなつまち感謝祭の時間です^^

〔あの夏で待ってる感謝祭@小諸・感想〕

詳細なレポートについては他の方々にお譲りするとして、とにかく「楽しかった!大満足!」これに尽きます。
(ちなみに最前列でした^^横浜のちけっとぽーとに朝早く並んだ甲斐があったというものです…)
特に良かったのは声優さん方による公開生アテレコで、演技中の表情やアドリブなど、普段は決して見ることの出来ない姿をファンとして垣間見ることが出来たのは貴重な体験だったと思います。
また、突如始まったRayさんのライブで青いサイリウムを思い切り振り回すことが出来たのも幸せでしたねー(^^;

以下感想の感想()
・キャストシャッフルでイチカを演じた島崎さん、海人を演じた荻原さんには失敬ながら爆笑して涙が出て来ましたw
・日高さんの柑菜はアリだと思います!
・戸松さんの演じる哲郎が酷過ぎるw
・女狐、豚バラは記憶から抹消しましょう(^^;
・柑菜と一緒に風呂に入って、布団の上で相撲取るとか羨まし過ぎる←
・ゆかりんさまの毒舌が冴えてましたw
などなど多過ぎてとても書ききれません…


IMG_0415.jpg
そば七:http://www.dia.janis.or.jp/~soba-7/

楽しかった感謝祭の余韻に浸りながら一度今晩泊まるホテルまで向かい、荷物を置いて街へ繰り出すことへ。
少々早いですが、古風な建物が特徴的なそば七さんで夕食をいただきました。

IMG_0472.jpg
▲こういう祭には惹かれるものがありますねー

商店街のお土産屋さんに寄ったりスーパーで今晩の酒と肴()を買ったりした後にこもろドカンショを見学。
地元の方々がこの祭をいかに愛しているかということがひしひしと感じられました。
ちなみに、今年はドカンショの歌を歌っている水木一郎さんがいらしていました。

IMG_0483.jpgIMG_0487.jpg

今年はなつまち連が参加しているということで見ていきたかったのですが、翌日に備えて若干早めに帰還。
泊りがけだと昼とはまた違った姿を見ることが出来るのも良いですね。

■2日目(8/5)

IMG_0491.jpgIMG_0493.jpg

チェックアウトを済ませ商店街へ。
軽くプチ舞台探訪を。

IMG_0503.jpgIMG_0505.jpg
▲柑菜かわいいよ柑菜

小諸駅へ戻ったところタイミング良くラッピング電車が。
今度来るときはちゃんと運用を調べないといけませんね…w

この後、小諸観光交流館で自転車を借り急行信州の撮影&舞台探訪を決行。

IMG_0531.jpgIMG_0537.jpg

小諸駅から20分ほどで乙女駅に到着。
意外でも何でもないんですが、小諸周辺はアップダウンが激しくかなり体力を削られました…(^^;
やっぱこういうのはバイクが一番向いてますよねー。

IMG_0550.jpg
▲9602M・急行「リバイバル信州2号」@乙女(トリミング済)

ロープが若干煩いですが、光の当たり具合も良くまずまずな感じ。
古い電車に興味を持つようになった切欠が修学旅行で乗った167系(湘南色)だっただけに、この169系にはついつい167系の姿を重ね合わせてしまいます…。
末永く活躍して欲しいものです。

IMG_0568.jpg

ちゃっかりハイブリッド車も撮影出来ました^^

111144447777.jpgIMG_0584.jpg
(左)もう少し前から撮った方が良いみたいですね(^^;
(右)借りた自転車と一緒に

撮影後、乙女駅からさらに南下してなつまちを代表する景色ともいえる県道139号小諸中込線まで足を伸ばしてきました。
さすがにここを全力で走る気にはなれませんでしたが、自転車で全力疾走出来たのは良かったですw
今度来た時は「あ、あっ、うわああああああああああああああっ!」って叫びながら全力疾走したいですね(白眼視)

再び自転車を漕ぎ平原駅方向へ。

IMG_0608.jpg

上り坂で休憩中に一枚。
浅間山にかかる雲で夏らしさが倍増。

IMG_0616.jpg
▲9601M・急行「リバイバル信州1号」@平原~御代田間

線路上陸橋へ通過10分前に何とか到着。
先にいらしていた方々の中に混ざり撮影。
この時間だとまだ前面には光が当たらないみたいですね…。

DSCN7882.jpg
▲日高里菜さんのサイン入りポスター

撮影後、小諸まで戻って自転車を返し、なつまちおもてなしサロンにお邪魔させていただきました。
何か冷たいものをということでかき氷(美桜)を頼んでみましたが、疲れていたせいもあってかかなり美味しかったです。
スタッフの方々にも大変親身に接していただき、こういう交流の場所を設けていただいたことに感謝するばかりですね。
ぜひ近いうちにまた小諸まで遊びに行こうと思います。

DSCN7903.jpgDSCN7907.jpg

小諸をお昼過ぎに出ないと今夜行われるイベントに間に合わないので、後ろ髪を惹かれる思いで小諸を後に…。
折角なので急行「リバイバル信州4号」で軽井沢へと向かうことにしました。

その後は前回訪問時に使った横川-軽井沢便→信越線→高崎→高崎線という形で東京まで戻って来ました。

〔『わんおふ -one off-』第1話・第2話先行上映会・感想〕

本当にとってつけたような形となってしまって申し訳ないのですが、いくつか感想を。
詳細なレポートは(ry

・ROUND TABLE featuring.Ninoさんの楽曲が良い!特にOPが素晴らしい。
・これは良いホンダ(バイク)アニメw …スーパーカブ欲しい
・EDテロップで”儀武”の文字を見た瞬間に吹いてしまいましたw おそろしいまでの儀武力介入(^^;
・小林ゆうさんのビデオメッセージ、突っ込みどころが多過ぎてw
などなど


これまた、大変面白いイベントでした。
監督による作品の裏話もたくさん聞くことが出来、満足しています。

DSCN7956.jpg
▲イベントでいただいたステッカー。交通安全、肝に銘じます…(^^;

てなわけで…最後の方はぐだぐだになってしまいましたが、こんな感じで終わらせていただこうかと思います(^^;

お盆過ぎ辺りに松本へ帰省しているであろう祖母を迎えに行くことになると思うので(汗)、その際にはおねてぃの舞台にもなっている木崎湖や旧松本高等学校本館に行けたらと…。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。
ではでは。

NAGANO

始発で始まり終電で終わるという…良く分からない感じで帰ってきました(^^;

■1日目(3/7)

(行程)

最寄→横浜→東神奈川→八王子→甲府→小淵沢→小諸

~小諸観光~

小諸→田中

~東御市・海野宿観光~

大屋→小諸→戸倉

~戸倉上山田温泉泊~

DSCN6417.jpg
▲小諸城址懐古園三の門

_MG_3773.jpg
▲西浦ダム

夏に向けての下見ということで某作品の舞台を巡ったり…

_MG_3786.jpg
▲海野宿

一度行ってみたかった重伝建・海野宿を訪ねたりと…とにかく歩き回りました(^^;

当日夜に観たNHKの某番組についてはノーコメントということで…(^^;

■2日目(3/8)

(行程)

戸倉→屋代→須坂→屋代→小諸→信濃追分→小諸→軽井沢→(バス)→横川→高崎→大船→逗子→(徒歩)→新逗子→最寄

DSCN6486.jpg

昨晩泊まった温泉郷。
天気が良ければもっと綺麗に見えると思うんですが、残念ですね…。

_MG_3811.jpg

若干寝坊したのが功を奏したのか早速169系の回送列車と遭遇。

_MG_3837.jpg_MG_3838.jpg

その後、屋代駅周辺で撮影などをした後…

_MG_3887.jpg

廃線間近の屋代線に乗ったり…

_MG_3961.jpg

糞寒い中、169系を撮影したりして横軽経由で帰路につきました。

行程を考えたのが数日前でなおかつ旅行中に思い付きで変えるなど、行き当たりばったりの旅になってしまいましたが、その割には満足のいくものになったと思います。
小諸についてはまた夏に足を運んでみたいですねー。

眠いのでこの辺で。
ではでは。

Pagination

Utility

プロフィール

あの坂

Author:あの坂
神奈川県在住

いわゆるチラシの裏

→詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリー(▼クリックで子カテゴリーを表示)

月別アーカイブ

 

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

FC2カウンター(2011/08/17設置)

検索フォーム

全記事表示リンク

QRコード

QR