FC2ブログ

北陸遠征記2-2

忘れ去られていた北陸遠征記の続きです…(^^;

■2日目(2013/03/15)

(行程表)(2/2)

市役所前→(徒歩・昼食)→福井
福井→敦賀→近江塩津→長浜

~長浜散策~

長浜→米原→大垣→豊橋→浜松→静岡→熱海→大船→逗子
逗子→(徒歩)→新逗子→六浦

昼食を済ませ、福井駅から北陸線で長浜へ向かいます。

IMG_7875.jpg
▲長浜駅駅舎。旧駅舎をイメージしたと思われるレトロな外観が印象的。

福井から2回列車を乗り換え本遠征の第二目的地・長浜に到着。
2006年の北陸本線(長浜~敦賀間)一部直流化に伴い、新快速の敦賀乗り入れが実現し便利になったのは良いんですが、日中の新快速はほとんど湖西線経由となっているので乗り換えがちと面倒ですね…。

IMG_7927.jpg
▲2003年に全面開業した長浜鉄道スクエア

長浜に来たからには…ということでまず長浜鉄道スクエアを見学。
入口に聳え立つこの建物は北陸本線開業時に長浜駅の駅舎として使われていたもので、現存する日本の鉄道駅舎としては最古(1882年竣工)のものになるのだとか。

受付で入館券を購入し、はじめに北陸線電化記念館を見学していきます。

〔長浜鉄道スクエア〕

・開館時間 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
・入館料 大人:300円、小中学生:150円
・休館日 12月29日~1月3日
・ホームページ http://kitabiwako.jp/tetsudou/

IMG_7899.jpgIMG_7902.jpg
(左)ED70形1号機 (右)D51形793号機

北陸線電化記念館にはかつて北陸本線で活躍した二つの機関車が展示されています。
D51は手持ちのレンズでは入りきりませんでした…。

IMG_7895.jpgIMG_7908.jpg
(左)ED70形1号機 乗務員室(1位側) (右)ED70形1号機 屋根上(1位側)

運転台等の見学も可能となっており、2階からは屋根上を眺めることもできます。
デフロスタ付きの窓を備えたED70の運転台回り、滅茶苦茶格好良いです!

IMG_7914.jpg

記念館2階には展望デッキが設けられており、目の前の線路(北陸本線)を走る列車を眺めることも可能。
ただ、架線柱等が移りこんでしまうのでガチの写真撮影にはあまり向いていないかもしれません…(^^;

IMG_7918.jpg

続いて訪れた長浜鉄道文化館では長浜の鉄道の歴史や文化に関する展示が行われており、興味深く見学させていただきました。また、長浜駅周辺を再現した鉄道模型(HOゲージ)レイアウトの展示等も行われており、つい長い時間見入ってしまいましたね。

IMG_7945.jpg

小規模ながらも充実した展示内容が魅力的だった長浜鉄道スクエアを後にし、今度は町をぶらぶら散策。
踏切を渡り東側へ向かって歩いて行くと遠くに伊吹山を見渡せる味わい深い通りに入り込みました。
すかさず撮影。

IMG_7957.jpg

先程の信号を曲がり北側へ歩いていくと変わった建物が見えてきました。
長浜タワービルと呼ばれているらしく、1964年竣工という割かし年季の入った建物です。

IMG_7958.jpg

北国海道沿いの古い町並み。
古い建物群の中から飛び出ていた楼閣が印象的でした。
お寺の一部らしいんですが、外観も周囲の建物に溶け込んでおりまさに町に組み込まれているという表現が相応しい状態。

IMG_7971.jpg
▲元々は銀行として使われていた黒壁スクエア(左)

長浜のメインストリートともいえる長浜大手門通り商店街と黒壁スクエア。
この商店街を一目見てみたかったというのが今回長浜を訪れた最大の目的です。

IMG_7975.jpg

実際に商店街を歩いてみると人の多さに驚きました。
都心から離れた地方都市部においてこれほど活気のある商店街というのは極めて珍しいのではないでしょうか。さすが、地方における既成市街地再生の成功モデルとして語り継がれているだけあります。

元々は他の地方都市が抱えるように衰退の一途を辿っていた長浜の市街地。
地域に残っていた資源を活用し、創意工夫により莫大な観光客を呼び寄せる商業地区として生まれ変わったことについては、ただただ驚くしかありません。

IMG_7977.jpg

曳山博物館近くの水路沿いに設置してあった現代アート。
このような遊び心のあるモニュメントが町の至る所に設置されており、お洒落な雰囲気の演出に一役買っています。「お洒落さ」という概念は一見捉え難く胡散臭いものだと認識されがちですが、若い方を呼び込む上で最も重要な要素になっているのではないかと個人的に思っています。

IMG_7986.jpg

一方で、大手門通り商店街から道一本外れた場所に存在するゆう壱番街祝町通り商店街ではシャッターの閉まった商店が多く見られました。やはり、町全体を活性化させるというのは一筋縄では行かないのかもしれませんね。

IMG_8001.jpg

商店街から離れ駅方向へ。
歩いている内に豊国神社を見つけたので立ち寄ってみました。
どうやら、一時期長浜藩主であった豊臣秀吉を偲んで建立された神社みたいですね。

IMG_8007.jpg

神社を離れ琵琶湖へ。
長浜城は時間の関係上、外観を見学するだけで満足ということにしました…(^^;

IMG_8010.jpg

豊公園から眺めた琵琶湖。
あまりにも大きすぎてもはや海としか思えませんね(笑)。
さすが日本一の湖。

この後は、そそくさと長浜を後にし、18きっぷで地元を目指しました。

思えば、着替えも持たずにトートバッグ一つで弾丸的に繰り出した今回の遠征。
結果として、鉄道撮影・乗り潰しに町歩きとかなり満足の行く遠征になったと思います。

■2013年北陸遠征記一覧

・(2013/03/14)1日目 逗子→福井
・(2013/03/15)2日目 福井鉄道探訪
・(2013/03/15)2日目 長浜散策
スポンサーサイト

京都(関西)旅行

8月12日から14日(15日)にかけて家族旅行に行ってきました。
…と言っても私はスルッとKANSAI・2Dayチケットを使って私鉄旅をしていただけですが(笑)

kyotooosaka (1)kyotooosaka (2)
(左)現地でご一緒された皆様、お疲れ様でした。 @萩ノ茶屋 2015.08.13
(右)2年程前に宿泊したホテルから撮影した同編成 @アパホテル堺駅前 2013.03.21


折角関西に来たということで、南海旧塗装編成の撮影&乗車を(時間がなかったので記録程度ですが…)。
初めて訪れた際(2007年頃)に多数残っていた7000系も、今となってはこの編成だけみたいですね…。

気になって7037編成の写真を探してみましたが、堺のアパホテルに宿泊した際に撮影した写真しか見つかりませんでした(苦笑)

kyotooosaka (4)kyotooosaka (3)
(左)京阪600形603-604号車(旧特急色編成)  @浜大津駅前 2015.08.14
(右)京阪600形619-620号車(「響け!ユーフォニアム」ラッピング編成) @浜大津駅前 2015.08.14


kyotooosaka (5)
▲近江鉄道バスの6E まだ残ってるんですね…(^^;

最終日は朝から浜大津へ行き、その後京都観光をしてきました。
本当は嵐電とか叡電とか阪急京都線とかにも乗りたかったんですが、時間の都合上泣く泣くカット。
今度来た時は、今回行けなかった北野天満宮や石清水八幡宮の訪問も兼ねて乗りたいですね。

ではでは。

関西旅行2015

先週末に高校時代の友人と関西地方を旅行してきました。
カツカツ行程と長距離徒歩移動を強いる旅となってしまい申し訳なく思っておりますが、いつになく密な旅になったと自負しております。

▼毎度恒例のダイジェスト。
(今回の旅行ではスルッとKANSAI・3dayチケットを使用しています)

■0~1日目(2/20~2/21):兵庫

(行程表)

六浦→金沢八景(京急)→品川(京急)・品川(JR)→新宿(JR)
新宿駅新南口(代々木)→(車中泊)→大阪駅JR高速BT

梅田(阪急)→西宮北口 西宮北口→夙川→甲陽園
甲山大師→阪神西宮
西宮(阪神)→神戸三宮
神戸三宮(阪急)→山陽須磨→舞子公園
舞子公園→山陽明石
山陽明石→山陽姫路
山陽姫路→神戸三宮(阪神)
三宮(ポートライナー)→中公園 中公園→三宮(ポートライナー)

2015kansai (4)2015kansai (2)
(左)ハルヒでお馴染み・県立西宮北高前の坂道 (右)舞子公園から眺めた明石海峡大橋

時間を有効に使いたいということで高速バスで大阪入り。
(若干奮発したので、乗り後心地はそれなりに良いものでした)
西北のかの有名なドリームさんで朝食を取り、久々にハルヒの舞台探訪をやって、明石海峡大橋を見て、明石で観光ついでにFateの舞台探訪をやって、姫路城を見て…というように結構過密なスケジュールでした。
電車・バスに乗ってる分には疲れませんが、山登りが結構ききましたね(苦笑)
ホテルに着いてからも夕食ついでに夜景を見たり、Fateの(ryをしたりと結局慌ただしい一日になってしまいました(反省)

■2日目(2/22):兵庫・大阪

(行程表)

三宮・花時計前→旧居留地・大丸前
高速神戸→新開地→鈴蘭台→有馬口→有馬温泉
有馬温泉→有馬口→谷上→新神戸→三宮(神戸市営)
神戸三宮(阪神)→大阪難波(南海・近鉄)
日本橋→恵美須町
動物園前→新大阪(大阪市営) (ここで友人と離脱)
新大阪(大阪市営)→なんば(大阪市営)
なんば(南海)→堺

2015kansai (5)2015kansai (6)
(左)神戸ハーバーランドから六甲山を眺める (右)有馬温泉・御所泉源(金泉)

この日は雨予報だったのでなるべく近距離もしくは屋内で用事を済ませられるような行程を組んでいます。
午前中に神戸の南京町・ハーバーランドを散策し、昼前には有馬温泉へ向かいました。
夕方には友人と別れてしまうのでその前に軽食を食べつつ大阪(ミナミ)散策。
その後新大阪で友人を見送り、宿がある堺へと向かいました。

■3~4日目(2/23~2/24):大阪・和歌山

(行程表)

堺→住ノ江
浅香山→堺東→橋本(南海) 橋本(南海)→高野下
高野下→極楽橋 極楽橋→橋本(南海)→堺東→浅香山
七道→堺 堺→新今宮(南海) 動物園前→日本橋→谷町九丁目→天満橋(大阪市営)・天満橋(京阪)→中之島

大阪駅JR高速BT→(車中泊)→上大岡駅
上大岡(京急)→金沢文庫→六浦

2015kansai (3)2015kansai (1)
(左)南海6300系@南海高野線我孫子前~浅香山間 (右)南海2000系@南海高野線高野下~下古沢間

実質最終日は朝から南海高野線を撮影していました。
その後、下調べで気になっていた高野下へ向かい、1~2時間程でしょうか…?結構長い間撮影していたと思います。
折角の機会ということで高野線を乗りつぶし、帰りのバスの時間まで中之島周辺を散策し帰路に着きました。

かなり密な旅行だったので3月中に旅行記でも書ければと思っております。
ではでは。

KOBE

家族旅行で神戸まで行ってきました。
いつも通りダイジェスト形式で(^^;

■1日目(8/18)

横横・保土ヶ谷バイパス・東名・新東名・名神・阪神で神戸三宮へ。
私めも自宅から足柄SAまで運転してみましたw

IMG_0900.jpg

早朝に出発して夕方前に到着。
この日の神戸は天気が不安定でホテル周辺を適当に散策するだけに。

■2日目(8/19)

DSCN7968.jpg
▲三枚目突入!

この日は朝から別行動で、まずは梅田ブルク7で舞台挨拶付きなのは2ndA'sを鑑賞w
はやてファンとして植田佳奈さんの生「おかえり」はヤバかったですねー!!
はやてちゃんへの愛が爆発しそうです(謎)

IMG_0987.jpgIMG_1039.jpg

上映・公演終了後、弁天町の交通科学博物館へ。
父親の実家が大阪市内にあるので幼い頃に来たことがあるそうなのですが、もちろん記憶にないので新鮮でしたね。
0系のトップナンバーとかブルドッグとか80系初期車とか貴重な車両ばかりで感激しました。

IMG_1138.jpgIMG_1215.jpg

その後、野田まで移動し大阪環状線や381系くろしおを撮影。

IMG_1255.jpgIMG_1240.jpg

梅田まで行っても良かったのですが、面倒だったので歩いて阪神野田まで移動。
駅前でたこ焼き(大玉8ヶ入350円)を買って駅の待合室で食べてましたw

IMG_1313.jpg

以前から気になっていた武庫川線にも乗ってきました。
少々暗いですが後ろの雲が良い感じ。

IMG_1380.jpgIMG_1403.jpg
(左)展望台から大阪方向を望む
(右)神戸の夜景

夜は車で六甲山系摩耶山・掬星台へ。
大阪市内まで見渡せるとあってかなり綺麗でした。

■3日目(8/20)

IMG_1419.jpgIMG_1493.jpg
(左)”あの日”で止まったままの状態を保つ神戸港震災メモリアルパーク
(右)メリケンパークよりポートタワー、サンタ・マリア号、神戸海洋博物館、ホテルオークラ神戸

朝からシティ・ループを使って神戸港へ。
阪神・淡路大震災が起きたのは確か私が5歳になる少し前くらいだったと記憶しています。
東日本大震災とは異なる都市直下型の地震で、多くの方々が倒壊した建物の下敷きになり亡くなった悲惨な天災でした。
大学の都市防災工学でも多くのことを学びましたが、良くぞ10数年でここまで再興したものだと感心してしまいます。

IMG_1603.jpg

ポートタワーから見た神戸の街並み。
やはり六甲山系の存在は大きいですねー。
同じ港町横浜(横須賀?)出身の者としても、大きな山を抱える神戸の景観には惚れ惚れしてしまいます(^^;

IMG_1685.jpgIMG_1745.jpg

南京町で昼食をとり、午後は北野の異人館めぐりを。
横浜と違いほとんどの施設が有料というのが残念なところですね…。
あとバスの料金も何とかしてもらいたいところw(神戸シティ・ループ:250円/回、横浜あかいくつ:100円/回)

IMG_1874.jpgIMG_1896.jpg

夜は旧居留地や神戸港の夜景を堪能。
比べるのはあまり好きでないのですが、横浜より少々街並みとしての夜景が寂しい印象を受けました(^^;

■4日目(8/21)

IMG_1951.jpgIMG_1976.jpg

4日目は帰る前にカワサキワールド・神戸海洋博物館へ。
バイクに関してはそこまで気にしていなかったのですが、ミュージアムショップでミニタオルを買うほどのめり込んでしまいましたw

その後、阪神・名神・東名・新東名・西湘バイパス経由で帰宅。
(帰りは上郷SAから足柄SAまで運転して右足がやられました…w)


今週末は松本まで中央道を使って祖母を迎えに行くついでに木崎湖でも巡礼してこようと思いますw
ではでは。

『書を捨てよ、旅へ出よう』 第6回

※この記事はgooブログから移行・変換したものです。

blog_import_4e3fa7edef172.jpg

●『北陸・近畿・中国旅行記的なモノ』 ~大阪→御坊→尾道~ 行程3日目(2009/3/28)



大阪駅1番のりばから関空・紀州路快速関西空港/和歌山行電車に乗り和歌山へ向かう。

天王寺で多くの乗客が降り、ドア寄りの1人席を確保することが出来た。

この列車に使われる223系0番台(2500番台)の車内は空港利用目的の車両とあってか1+2列の座席配列となっていて、私が確保したこの席はシートの転換の関係でペットボトル等が置ける簡易テーブル付属の嬉しい席だったりする(笑)。
(関東にもこういう座席が欲しいのだが…)

隣の乗客との干渉を気にしなくていいので熟睡してしまったらしい。
いつのまにか和歌山の手前まで来ていた。

blog_import_4e3fa7ee724e4.jpg

これを見るとかつて京浜東北を走っていた205系を思い出す(あんまり記憶ないけど…)。
和歌山まで乗ってきた車両は(左)。

blog_import_4e3fa7ef34044.jpg

40N延命改造された113系リニューアル車(4両)に乗り換え御坊へ。

blog_import_4e3fa7efe24ce.jpg

これが40Nリニューアル車?(笑)

と思ったら中間車だけ超オンボロ初期車だったという罠。
趣味的には面白いと思う一方、片や真新しい転換クロスシート、片や1960年代製の骨董品セミクロスシートというのはいかがなものだろうか…。

因みに私が乗ったこの「モハ113-5027」は2009年現在、最も古い113系電車の車両で、元々は1964年に「モハ113-27」として大船電車区に新製配置されたものらしい。

また、オンボロといえば…↓

blog_import_4e3fa7f09b8d7.jpg
▲113系F405編成@紀伊田辺駅 2007.3.26

つい最近まで、JR最後の(113系)原型前照灯保持車であるこのF405編成もこの阪和線・紀勢本線で活躍していたのだが、この編成が2008年度を以って廃車となっているだけに、私が乗車したこの車両の動向も気になるところである。


オンボロ車に1時間程揺られて経由地御坊に到着。
念願だった紀州鉄道のキハ603に乗り込む。

1990年生まれの私にさえどこか懐かしさを感じさせるようなオンボ…失敬、レトロな気動車は僅か2.7kmの区間を駆け抜ける。

blog_import_4e3fa7f136ad0.jpg

乗っていて気になったのだが、運転台に違和感を感じた。
ブレーキとマスコンの位置が新幹線や電気機関車等の運転台の如く通常と逆なのである。
運転し辛くはないのだろうか?

とか思いつつ、気動車は終点西御坊に到着。

しばし御坊散策タイム。

blog_import_4e3fa7f1d4f77.jpg

こういう川を見ると幼い頃を思い出す。

家の近くの山でサワガニやヤゴを捕まえたこと。
京急の鉄橋ギリギリの川辺で友人と遊んだこと。

今の私がこんなことをしていたら不審者に成りかねない(笑)。

blog_import_4e3fa7f2737c2.jpg

恐らく鉄道の橋梁をそのまま利用したと思われる道路橋。
散策中に廃線跡をいくつも見つけたので、昔はこの橋も鉄道が通っていたのだろう。

歩き疲れたので若干早めに切り上げることにした。

blog_import_4e3fa7f313571.jpg

とことこと家々の間を駆け抜けるキハ603。
この車両も老い先長くはないらしい(追記:2009年11月を以って引退)。

再び御坊へ戻り、大阪へ。
大阪から新快速に乗り姫路へと向かう。

姫路からは広島行電車に乗り換え直接尾道まで行こうと思ったのだが、予想以上に混んでいたので岡山で一度降り、後続の始発電車で尾道へと向かった。

blog_import_4e3fa7f38abd8.jpg

ホテルの窓から撮った尾道の夜景。
(本当は「蚊が入ってくるので窓を開けないで下さい」という表示があるのだが、気にしない方針で・・・・・・電気は消したのでセーフ?)



その後テレビを見ながら明日の準備を済ませ、大好きな尾道の夜景を横目に夢の世界へ旅立った。



…続く

■旅行記一覧■

・第0回 行程0〜1日目 ~上野→高岡(寝台特急「北陸」)~
・第1回 行程1日目 ~城端・高岡~
・第2回 行程1日目 ~富山・糸魚川~
・第3回 行程2日目 ~直江津→長野~
・第4回 行程2日目 ~長野→新潟~
・第5回 行程2~3日目 ~新潟→大阪(急行「きたぐに」)~
・第6回 行程3日目 ~大阪→御坊→尾道~

Pagination

Utility

プロフィール

あの坂

Author:あの坂
神奈川県在住

いわゆるチラシの裏

→詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリー(▼クリックで子カテゴリーを表示)

月別アーカイブ

 

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

FC2カウンター(2011/08/17設置)

検索フォーム

全記事表示リンク

QRコード

QR