FC2ブログ

暇だったので

※この記事は予約投稿機能を使用して投稿したものです。

8月27日は速瀬水月の誕生日…涼宮遙が事故に遭った日、そして今年で発売(2001年8月3日)から10年という節目を迎えるということで、昨日君のぞの舞台を巡ってきました。

まず最寄から京急で南太田へ。

DSCN2689.jpgDSCN2683.jpg
(左)あの丘のモデルといわれている場所(清水ヶ丘公園見晴らし台)
(右)あの丘から上大岡方面を望む

駅からの坂道がかなり堪えますが、電車一本で舞台まで行けるというのは素直に嬉しい限り。

DSCN2693.jpg
▲何となく君のぞの屋内プールに似てなくもない…

この公園、とにかく施設が充実していて、写真の屋内プールの他テニスコート、体育館、運動広場、自由広場など様々な施設があります。

また公園下部には何やら歴史のありそうなトンネルもあったりとネタに尽きません。

DSCN2701.jpgDSCN2713.jpg
(左)大原隧道(北側坑門)。
(右)大原隧道(南側坑門)。階段とトンネルの位置関係が良い…。

「大原隧道」というトンネルらしく、1927年に開通したものらしいです。
2000年には横浜市から認定歴史的建造物、2006年には土木学会選奨の土木遺産に選定されるほど歴史的・土木史的に価値のあるものだとか。

DSCN2708.jpg

中はこんな感じ。
トンネル外の気温より体感で10度くらい涼しく感じられました。

トンネルを抜けたところがどうやら井土ヶ谷寄りの場所だったので歩いて井土ヶ谷駅へ向かい、京急で横浜駅へ。

ここから君のぞの舞台を巡りながら六浦駅まで歩いて帰るという無謀な計画を発動させることにしました(^^;

●AM11:58 新高島駅付近(スタートから約0.6km地点)

DSCN2720.jpg

建設中の横浜三井ビルディングも大方完成してきたみたいですね。

●PM12:16 臨港パーク(スタートから約1.9km地点)

DSCN2733.jpg

日差しと気温のせいで激しくHPが削られていくので、臨港パークで水分補給&休憩。

DSCN2739.jpg

お馴染みの道で。
ゲーム内でも何度か登場しました。

●PM12:40 桜木町駅前(スタートから約3.5km地点)

DSCN2749.jpg

「1時間20分も早く来ちゃった…。孝之君、早く来ないかなぁ…」

というような声が聞こえてくるはずもないので即座に撤収(苦笑)。

●PM1:15 横浜大さん橋国際客船ターミナル(スタートから約5.4km地点)

DSCN2773.jpgDSCN2764.jpg

水分補給&休憩も兼ねて大さん橋へ船を見に。
日本丸とぱしふぃっくびぃなすが停泊中。

●PM1:28 山下公園(スタートから約6.0km地点)

DSCN2789.jpg

ここも事故に遭う前にデートで来た場所として登場。
新たな遙伝説が誕生したのもここでしたね…(^^;

DSCN2793.jpg

山下公園から見た先程の日本丸。

●PM1:46 新山下町(スタートから約7.1km地点)

DSCN2796.jpg

東洋信号通信社の信号旗が下からでも確認出来ました。
今年は『コクリコ坂から』の影響もあって、今まで以上に注目される存在になることでしょう。

●PM2:30 神奈川臨海鉄道横浜本牧駅前(スタートから約10.3km地点)

DSCN2808.jpgDSCN2832.jpg

本来なら滝頭のルートを通った方が早いのですが、ここの貨物機を見ていきたかったのでわざわざ大回りルートを選択。
後にこの選択を悔いることになろうとは知る由もなかった…。

●PM3:10 三渓円IC付近(スタートから約13.1km地点)

DSCN2836.jpg

そろそろ足が死んできた…。
持参した水も底を尽き、どこかで水分を補充しなくては…。

●PM3:36 根岸町2丁目根岸線ガード(スタートから約14.1km地点)

DSCN2839.jpg

やっと根岸線と合流。
国道16号まではまだまだ遠い。

●PM4:25 磯子駅入口(スタートから約18.2km地点)

DSCN2840.jpg

16号と合流し何とか磯子駅まで辿り着きました。
写真は開発中の横浜プリンスホテル跡地。

●PM4:54 新杉田駅前聖天橋(スタートから約20.2km地点)

DSCN2842.jpg

再び根岸線と合流。
足が…足ガァッ…。

●PM5:07 富岡隧道(スタートから約21.4km地点)

DSCN2843.jpg

やっと金沢区までやって来ました。

トンネルを抜けたら雨が降ってきたのですが、その頃は暑さのせいか「恵みの雨だ!」程度にしか思っていなかったのですよ…。
ですが…。

●PM5:24 富岡八幡宮付近(スタートから約22.7km地点)

DSCN2845.jpg

皆様ご存知の通りゲリラ豪雨に見舞われまして、全身雨まみれという…(苦笑)。



ずぶ濡れになりながら撮った動画。
それにしても酷かった…。

●PM6:45 六浦駅到着(スタートから約29.1km地点)

DSCN2852.jpg

寄り道なども含めて出発から7時間ほどで六浦駅に辿り着きました。

震災時はもっと長い距離を歩かれた方もいらっしゃると思われますが、自分にはこの距離でも限界でした。
日頃から歩く訓練をしておいた方が良いかもしれませんね…。

あーそれにしても疲れた。

■まとめ・記録

●ルート

http://www.chizumaru.com/route/alongroad/?routeid=f904631238d249e1af2b9a40b3fb4145

●歩数計

DSCN2857.jpg

総歩数は49893歩。
消費カロリーは2150kcalだそうです。

嘘臭いな…(^^;
スポンサーサイト

図書館へ

※この記事はgooブログから移行・変換したものです。

レポートの提出期限が迫る今日この頃、本を借りに中央図書館まで行って参りました(汗)。
(切羽詰らないと行動を起こせない悪習は改善しないといけませんな…)

0e6e84cd2648d4d2eb958e121a159a96.jpg
▲1338D/1473編成+1485編成

39Dは銀+銀でした。
糞暑い中、ステンレス車体が太陽光を眩しく照り返す…。

357893325133dd947e326e540371ab8e.jpg
▲1350/815編成

続いてダルマさんの普通。
色々と失敗…orz


64f345432deee7e7364b0e0bc444d62d.jpg
▲1340D/1461編成+1481編成

41Dも銀+銀。
今日は銀が目立ちますなぁ…。

028bd77dac5e6b1160d4771497f3800d.jpg
▲1352/821編成

そしてまたもやダルマさん。

b6f1e1a323db341b6ea066cf34e5d30c.jpg
▲1442D/1413編成+1441編成 

43Dはアルミ+アルミでした。

これを撮影してひとまず撤収。

…(中略)…

図書館での用事を済ませた後、野毛山公園の展望台工事が気になっていたので足を伸ばしてみました。

9178e2494c4e448afa0334b008266658.jpg

5月末完成から8月初旬オープンに。

782aad266073f49e8fd1de501fb5056a.jpg

公園敷地外から見た現在の展望台の様子。
展望台自体はほぼ完成しているらしく、現在は展望台への通路の整備を行っている模様。

fa67e36b6be5d7fbb96b7becccc5dd7a.jpg

公園から見た横浜関内方面の遠景。
完成が待ち遠しい…。

科学館探訪

※この記事はgooブログから移行・変換したものです。

blog_import_4e3faad931b65.jpg

暇だったので社会科見学に行ってきました(^^;

ec4a30657b52473b88e504b16c4f1b2d.jpg

…とその前に、みなとみらい駅で明らかにこの場にそぐわない何かを発見。
クリエーター集団「PROJECT CANNES」と横浜高速鉄道?のコラボレーションにより誕生したみなとみらい線のイメージキャラクターらしいです。
存在自体は知っていましたが…実際に見ると違和感ありまくりw

(参照)

・神繍皇女〜The Legend of God Strings〜:http://www.cannes-miko.jp
・「みなとみらい線にイメージキャラクター誕生」:http://www.mm21railway.co.jp/dc/sites/default/files/H230224miko.pdf

6760884cd330530aba99bf0dad92aff4.jpg

公式の発表資料には「みなとみらい線の各駅(横浜駅を除く)をモチーフにした皇女たち。ちょっと固いイメージの鉄道会社をより身近に感じてもらい、みなとみらい線を、そして横浜を、広くアピールします。」とあるものの、一体どれくらいの人に認知されているのか私の知る限りではありません(^^;

91e2853971a56fdcb824f08d8db831ed.jpg75d64c7e262ad776d7cf2915600b03b5.jpg
▲(右)4月撮影

三菱みなとみらい技術館は三菱重工横浜ビルの1・2階部分にあります。

blog_import_4e3faada7a72f.jpg

最初に見学するのは交通・輸送ゾーン。
最も興味のある分野でもあります。

772829f2b0779a3bd2c1bd1b0b560c40.jpg

まず目に入るのがこの※jTRAMの実物大モックアップ(先頭車一部分)。
「jTRAMみなとみらい線」と称された架空の路線を運転することができる簡易シミュレーターとなっています。
有料でも良いのでGreen mover maxの実写シミュレーターとかがあると何度でも来るんですが…(^^;

※jTRAM…近畿車輛・三菱重工業・東洋電機製造が共同開発した国産初100%超低床路面電車

f5886ab3d10e225b4c139ab13f8e2a27.jpg

内装も簡素ながら再現されていて、独特な足回りの構造も目にすることができます。


コンパクトシティの実現を目指す上でも欠かせない次世代路面電車や新交通システムなどの中量輸送機関。
導入に当たっては様々な課題が残っていますが、スリムな都市を創るための手段の一つに変わりはないと思われます。

96e1081fe739a93ecdceaebcd71408f0.jpg

新しい交通・輸送システムを詰め込んだ模型展示「トランスポート・シティパノラマ」を中心に、地球温暖化・大気汚染などの地球環境問題を解決するための様々な技術が紹介されています。

1bdb570db3b9a5d40985c0ff5e6e38de.jpg05d9300a59b6e135ca4ae87bf2bca8ee.jpg51a847df9ee73a2e9f7bc8683fd781e9.jpg

模型展示では、三菱重工が開発した新交通システム用車両「クリスタルムーバー」やリニアモーターカー、ETCシステムなどが映像に合わせて紹介されています。

d07cf783e871744cc20859767b73fb09.jpg

お次は海洋ゾーン。
有人深海調査船「しんかい6500」の模型(1/2スケール)が目を引きます。

672aecf7dd2d40daf3c3a1c6456008c7.jpg

探査船「ちきゅう」に関する資料を展示しているコーナー。
机の中央にあるのはドリルビットで採取されたコアサンプルの模型?で、地層に含まれる情報を画面装置を通して確認することが出来ます。

c55aa3f1b44ff53854d1b12e32665163.jpg

近年話題になっているレアメタルに関する展示。

41697a179bb724bc596e7203594f0f62.jpg

教科書でもお馴染みの水圧実験におけるカップ麺容器の比較。

835720eab07baaf9ae454a805a3068bd.jpg

深海巡航探査機「うらしま」の模型とその展示。

blog_import_4e3faae12b4f6.jpg

続いて航空・宇宙ゾーン。
写真は三菱重工(現在は三菱航空機)が開発を進めている国産小型旅客機・三菱リージョナルジェットの実物大モックアップ。
内部には操縦体験用シミュレーター「MRJフライトチャレンジ」が設置されています。

2671630ebd9806f197ab4a8ce4327a3f.jpg

国産ロケットの燃料タンクスキン。
主要素材は2219アルミ合金で、薄いように感じられますが、内面を三角形の格子状に機械加工することで強度の保持と軽量化を両立しています。
因みに左は第2段液体水素タンク、右は第2段液体酸素タンクの一部断面。

6972fdfa2db035e6ad55112c4459b244.jpg

国際宇宙ステーション実験棟「きぼう」を簡易的に再現したもの。

6b59c65cd92bcb5f1eebe946a0ed9c8d.jpg

燃焼試験に使われた、国産ロケット「H-IIA」「H-IIB」のメインエンジン「LE-7A」の実物。
近くに設置されている特殊映像技術を用いた「ロケットエンジンAR(拡張現実)スコープ」で燃焼試験の様子を見ることが出来ます。

航空・宇宙ゾーンを堪能したところで2階へ上がり、環境・エネルギーゾーンへ。

44f8bd735724d73088a9b70016ef2432.jpg

階段を上がると色々な意味でホットな原子力発電についての展示物がありました(^^;
手前が加圧水型原子炉(軽水炉)容器の模型(1/5スケール)、奥に見えるのが加圧水型原子炉(軽水炉)格納容器の模型(1/30スケール)です。

※福島第一原子力発電所のものは沸騰水型原子炉(GE・東芝・日立製)で、構造は加圧水型より簡単ですが安全管理に細心の注意を払う必要があります。

3df9534452febcf82177c3d9211eaa97.jpg

解説板のボタンを押すと説明が流れ、原子炉の運転ボタンを押せば模型を通して発電時に原子炉内で行われている一定の流れを見ることが出来ます。

f9a97c7d48f4198d77ee28d6724e57dd.jpg

加圧水型原子炉格納容器の模型。
方式は違うにしろこの壁が吹き飛ぶような大爆発が起きたとは…今でも信じられません。

009f3baecca2c8f1d692869115ef46ec.jpg

「運転中に事故や故障は起きないのですか?」との質問に対する解説ボタンが使用見合わせとなっていました。
あれだけのことが起これば…まぁ、止むを得ないですよね(^^;

cb91635a749adde247a68d2b115af58a.jpg

火力発電に関する体験展示。
石炭をガス化して発電を行うIGCC(石炭ガス化複合発電)、LNG(液化天然ガス)を燃料として発電を行うGTCC(ガスタービン・コンバインドサイクル発電)、石炭を燃やして発電を行う従来型石炭発電の違いについて体感することが出来ます。

62ff2dcd8bab9f5ddec4fa2cf6d4ac54.jpg

風力発電や太陽光発電など自然エネルギーを利用した発電技術に関する展示も行われています。
「どのくらいの風が発電に適しているのか?」「太陽光の強さによって発電量がどれくらい違うのか?」こういったことを身体を通して知ることが出来るというのは幼い子にとっても分かりやすいでしょうし、工学に興味をもつ切欠にもなってくれるのではないでしょうか。

08d2b15ac41b034048b951e3f219c382.jpg

技術探検ゾーン。
製品製作技術に応用されているメカニズムを手軽に体感することが出来ます。

49b060d7e4059b6d2e6598f375f95405.jpg

JAXA/全国科学館連携協議会の協力の下行われていた巡回展「太陽のふしぎ」。

7a477537ced729ae0866e133cb89eff1.jpgcc68293b9d270012b4b06485e5536f0f.jpg6df04a4721ea311b65b8f578c4b0d30b.jpg

乗物の歴史コーナー。
模型好き垂涎の的がたくさん置いてある資料館のような場所^q^



他にも様々なものが展示されていましたが、そろそろ容量的に限界が近づいてきているので、この辺で終わりにしたいと思います(^^;

■三菱みなとみらい技術館

・開館時間:10時〜17時まで(但し、入館は16時30分まで)
・休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始及び特定休館日
・入館料:一般/300円、中・高校生/200円、小学生/100円、団体(10名以上)は各100円引き、65才以上の方・障害者の方とお付添いの方は無料(要証明書・手帳)
・アクセス:JR根岸線/横浜市営地下鉄「桜木町」駅より徒歩8分、みなとみらい線「みなとみらい」駅5番けやき通り口より徒歩3分
・公式サイト:http://www.mhi.co.jp/museum/index.html

高いところから失礼します

※この記事はgooブログから移行・変換したものです。

blog_import_4e3faa42323f7.jpg

またまた展望台(^^;
今まで見るだけで満足していたランドマークタワーへ足を運んでみました…。

blog_import_4e3faa4326159.jpg

やっぱ高いですなぁ…。
そして視界が悪いですなぁ…(泣)。

d1001fcfa3c912b14c44481b6d4fc9bc.jpg

新港地区全景。
上から眺めると形状が分かって面白い…。

blog_import_4e3faa461a139.jpg

関内駅・石川町駅方向を望む。
今日わざわざ高い金を払ってここに来たのはコレのためと言っても過言ではないでしょう。
(参考)

blog_import_4e3faa47563ff.png
▲魔法少女まどか☆マギカ第2話「それはとっても嬉しいなって」より拝借
(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Partners・MBS

まどマギ第2話で一瞬映し出された見滝原の街並みは多分ココからの風景を参考にしたと思うんですが…どうなんでしょうかね?
まぁ面倒なので確定ということにしてしまいましょう(^^;
(後日別ページにまとめます)

97be556d9c6e06b78d1f3843e2920245.jpg

横浜スタジアム。

54dab16f29e8ad64d11570d59fc60f7f.jpg

横浜駅方向を望む。
手前奥の辺りは10年くらい前まで空き地が殆どという状態でした。

cf998356b8eb0d6570b83cfcf72116a6.jpg

日石横浜ビル(左)と横浜銀行本店ビル(右)。
浜銀ビルの形状は個人的にかなり好み。

323fcd218b77a4eae67b9cb5be0a23f1.jpg

横浜線の205系。
鉄道模型にしか見えません(笑)。

d4bea952a876ad9d312129cde540b6be.jpg

京急日ノ出町駅付近。
800形の上り列車が見えます。

と…こんな感じに写真を撮り続け…

blog_import_4e3faa4fb8d5d.jpg

お土産にブックマーカーを買って帰宅しました。

展望台めぐり

※この記事はgooブログから移行・変換したものです。

OSをVistaに変えたところ今まで使っていたスキャナが起動しなくなってしまったので、安価な多機能プリンタを買いに横浜まで。
そのついでということで弘明寺公園と野毛山公園に立ち寄ってきました。

まずは弘明寺公園。

blog_import_4e3faa248fe91.jpg

夏場は葉が生い茂り視界が狭まりますが、冬場はこのくらい見渡せます。

4a9b348a4e53fae4d5df32de43c4ec8c.jpg

展望台から京急の車両を望めないことはないものの木が邪魔してこの通り。
ただ桜の木なのでもう少しすると桜と一緒に良い感じの写真を撮ることが出来るかもしれません。

blog_import_4e3faa279612f.jpg

左に見える丘は『君が望む永遠』で登場した”あの丘”のモデルとされる清水ヶ丘公園の見晴らし台で、丘の上に立っている木は横浜出身のミュージシャンに因んで”ゆずの木”と呼ばれています(実際は榎です…)。
奥に見える建設中の大きなビルは「(仮称)横浜三井ビルディング」(高さ約153m)。

続いてエア急で日ノ出町へ。

blog_import_4e3faa28751ac.jpg

本来なら3月中旬頃に完成する予定だったのですが、残念ながらまだ工事中…。

9587d80346a759003796f7753ed440ee.jpg54a2c1faeb9f5dd06c7e32858374726c.jpg
▲(左)去年訪れたときのもの(右)今日撮ったもの

20b9defcb993158f8a7bc9768148938d.jpg
▲完成予想イメージ図

4a84bbe5c8165ac772a055020320e132.jpg
▲アルファさんが野宿したのはこの辺りなのか?

まぁ来てしまったものは仕方ないので、色々とまったり写真を撮りながら駅へと向かいました。

Pagination

Utility

プロフィール

あの坂

Author:あの坂
神奈川県在住

いわゆるチラシの裏

→詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリー(▼クリックで子カテゴリーを表示)

月別アーカイブ

 

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

FC2カウンター(2011/08/17設置)

検索フォーム

全記事表示リンク

QRコード

QR